購入すると生態系の保護活動に参加できる「ウミガメエコバッグ」

手のひらサイズのベイビーウミガメが、アッと言う間に40cmx40cmの大容量ショッピングバッグに変身する「TURTLE」見た目のかわいらしさもさることながら、このアイテムは、購入することでウミガメたちを救うことに貢献できるエコバッグなのだ。

©Makuake

17年ほど前、インドネシア・バリ島チャングーという漁村に移り住んだというこのバッグの開発者。チャングーは、とても静かな漁村で、辺り一面を田園に囲まれ、野原には放牧された牛の群れが草を食む、とてものどかな村だった。

その後、サーフタウンとして世界的な人気スポットになったことによって、人々の暮らしも、環境も変化。砂浜には、かつてたくさんのウミガメが産卵にきていてたが、開発の波が押し寄せたことにより、その姿は見られなくなってしまった。

ローカルたちのそんな話を耳にし、自分にも何かできることはないかと考え、これまで続けてきたものづくりのノウハウを活かしつつ、インドネシアでの活動拠点をチャングーに置く、ヨーロッパ起源のウミガメ保護団体とやりとりをしながら、このプロジェクトを立ち上げたという。

売り上げの一部は、このウミガメ保護活動団体に寄付されるという。

もちろん実用性も抜群だ。携帯用ハンモックにも使用され、重量テストでは16kgの耐久性がある丈夫な素材でありながら、62gと超軽量。

ベーシックなものはもうあるという方も、エコバッグのラインナップに一つ加えてみては。

©Makuake
©Makuake
©Makuake

TURTLE』

【「Makuake」プロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/turtle/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。