火も電気も使わない、屋外での料理が楽しくなるエコクッカー

キャンプ場や河原など、屋外で食べるゴハンの美味しさったらない。でも、BBQとなるとそれなりに人数を集めていくものだし、子どもがいると火の扱いにも気をつかう。

そこで、こんなクッカーを紹介しよう。一人で気軽に、安全に屋外料理を楽しめるはず。

太陽熱を利用する
エコクッカー

この「SolSource Sport」は、太陽熱を利用して鍋やフライパンを温め、調理できるクッカー。真ん中に光が集まるように、反射板の角度を計算して作られている。サイズ的にも、上の写真の通り、一人で十分楽しめそう。

晴れの日であれば、たった10分で280℃まで上がるらしい。とはいえ、もし反射板に触ってしまっても、熱くならないような加工をしてあるので火傷の心配はないのだとか。

従来のものは炭やガス、電気を使っていたけれど、これはそういったものは一切いらないエコフレンドリーな製品。火を使わないから、誰かが番をする必要もなし。料理が出来上がるまで、テント内でごゆるりと。

コンパクトに折りたためて
持ち運びもラクラク

見た目はそこそこ大きな印象を受けますが、バックパックに入るレベルにまで分解可能。3分あれば組み立てできるそう。

現在「KICKSTARTER」にて、クラウドファンディング中。149ドル(約16,000円)から購入できる。

Licensed material used with permission by One Earth Designs
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。