火も電気も使わない、屋外での料理が楽しくなるエコクッカー

キャンプ場や河原など、屋外で食べるゴハンの美味しさったらない。でも、BBQとなるとそれなりに人数を集めていくものだし、子どもがいると火の扱いにも気をつかう。

そこで、こんなクッカーを紹介しよう。一人で気軽に、安全に屋外料理を楽しめるはず。

太陽熱を利用する
エコクッカー

この「SolSource Sport」は、太陽熱を利用して鍋やフライパンを温め、調理できるクッカー。真ん中に光が集まるように、反射板の角度を計算して作られている。サイズ的にも、上の写真の通り、一人で十分楽しめそう。

晴れの日であれば、たった10分で280℃まで上がるらしい。とはいえ、もし反射板に触ってしまっても、熱くならないような加工をしてあるので火傷の心配はないのだとか。

従来のものは炭やガス、電気を使っていたけれど、これはそういったものは一切いらないエコフレンドリーな製品。火を使わないから、誰かが番をする必要もなし。料理が出来上がるまで、テント内でごゆるりと。

コンパクトに折りたためて
持ち運びもラクラク

見た目はそこそこ大きな印象を受けますが、バックパックに入るレベルにまで分解可能。3分あれば組み立てできるそう。

現在「KICKSTARTER」にて、クラウドファンディング中。149ドル(約16,000円)から購入できる。

Licensed material used with permission by One Earth Designs
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
ここまで開放的なバンブーハウスは見たことがないし、正直、泊まってみたい。ビーチで波の音を聞きながら、しっぽりと乾杯してみたいものだ。しかもこのバンブーハウ...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
静岡県浜松市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、愛知県瀬戸市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
「Newton Espresso」は、一切電気を使わないエスプレッソマシンです。熱いお湯さえあれば、キャンプ好きな人には、ピッタリな製品でしょう。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
この4種類をデスクに常備しています。
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
ユーザー数400万人を誇るサイエンス系YouTubeチャンネル「Veritasium」が紹介する便利ハックに面白いものを見つけました。それは、原始的な「火...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...