「レジ袋有料化」前にチェックしておくべき環境と家計に優しい「おしゃれなコンポスター」

「ローカルフードサイクリング株式会社」は、畑や庭などを所有していない都市部に住んでいる人でも家庭からの生ごみを減らすことができる「家庭用コンポスター」の販売を開始した。

生ごみを堆肥にする「LFCコンポスト」は、年間約1000万トンも廃棄されている家庭からの生ごみを減らし、環境負荷を軽減するために考案されたプロダクト。

同社による長年の研究で開発された、生ごみを分解する微生物が含まれた「基材」やそのまま土にもどる生分解性の「専用紙袋」、持ち運びがラクになるペットボトルを再利用した「バッグ」の3点セットで、自宅での生ごみのコンポスト化を可能にしている。

基材には、臭いの発生を抑える素材を使用。バッグもファスナー付きなので、室内でも臭いを気にせず利用可能。目安は1日300gで、1.5〜2ヵ月間分の容量。投入後は、2〜3週間ほどで堆肥になるという。

また、購入前でも利用可能なサポートも充実。利用に際して、不安や悩みをプロにLINEで相談できるというから初心者でも気軽に始めやすい。

まずは、3週間のコンポスト体験キット(税抜2980円)がオススメ。堆肥になったらプランターとしても活用できるので、家庭菜園にチャレンジしたい人にはうってつけ。ちなみに、配送月を指定できる定期プログラム(税抜1380円)だとよりお得!

日本でも廃プラスチック問題や7月からのレジ袋有料化などの話題が取り上げられる今、生ごみ用にレジ袋をもらっているのであれば、環境にも家計にも優しい本プロダクトに注目だ。

LOCAL FOOD CYCLING
【公式ホームページ】https://lfcycling.life/

Top image: © 2020 ローカルフードサイクリング株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
11月1日、日本政府は「プラスチック製レジ袋」の有料化を義務付ける方針を決定。来年7月1日から、事業規模に関係なくすべての小売店で有料となる。
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
必要最低限の生地で作られたミニマムデザインのショッピングバッグは、接着剤なども一切不使用で、生地には100%リサイクルできるものを採用しているという。
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
7月19日、ED ROBERT JUDSON(エド ロバート ジャドソン)のコンセプトラインである「β(ベータ)」が、ブランド名を「beta post(ベ...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
「ギャップジャパン株式会社」は2月2日よりプラスチック製ショッパーの廃止を決定。代わりに再生紙100%の紙製バッグを有料化すると発表。
環境を守る数々の取り組みで知られる「パタゴニア」の日本支社は、2020年4月1日から日本国内の直営店全22店舗で「お持ち帰り袋」を全廃することを発表した。
セブンプレミアム ライフスタイルの「シュパット コンパクトバッグ」。コンビニレジ袋の代わりとして、これ以上のものはない。
色使いや絵のタッチなど、日本のソレとは大きく異なる東欧のポスター。ポーランドの首都ワルシャワには、世界初のポスターの博物館「Muzeum Plakatu ...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
「NANOBAG」はイギリス発の話題のエコバッグ。2Lのペットボトル15本分にも相当する30kgの荷重に耐え、なおかつデザイン性もGOOD。