奄美大島の伝統技術で、レジ袋に付加価値をつけたブランド

7月19日、ED ROBERT JUDSON(エド ロバート ジャドソン)のコンセプトラインである「β(ベータ)」が、ブランド名を「beta post(ベータ ポスト)」として、新たな発信をする。

まずは、環境汚染に対するメッセージだ。

ラインナップは、ゴミと伝統工芸品を融合させたエコバッグやTシャツなど。本場大島紬の技術を応用し、回収したレジ袋に絹を使った新素材を使用。奄美大島の職人の協力を得て、共同開発している。

長年受け継がれている技術を用いて、なんでもないレジ袋に付加価値をつけているのだ。

石や苔に見立てたプロダクトも販売予定で、こちらもまた深刻化する世界規模の問題への想いが込められている。

Top image: © beta post
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...