奄美大島の魅力は、「泥染め」が語っていると言ってもいい。

GWに奄美大島を訪れた私は、次に行くときは絶対に持参しようと決めているものがある。それは、白のコンバースだ。

ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、魅力をあげたらキリがないけれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」は、マストでスケジュールに組み込んでおいて本当によかったと思う。

始まりは1300年前
「伝統より、伝説に近かった」

奄美の自然界に存在する泥田は、鉄分がすごく豊富であることが特徴。見ての通り、こうして泥に漬け込んで染色するのだけど、その前に重要な工程がある。

まずは島に自生するテーチ木(シャリンバイ)をチップ状にして煮出し、1週間発酵させたあとに、左から3番目の茶褐色になるまで煮汁で染める。

その工程を踏んだあと泥に入れることで、木に含まれるタンニン酸と鉄分が化合し、化学染料ではつくれない独特の渋みのある黒に染まっていくのだ。左から4番目が初めて泥に入れたときの色で、回数を重ねるごとに、右の濃い色になっていく。

島の大自然と、人の歴史によって生み出された技術だ。

Photo by Teba Brown

好きなように模様をつけて染め終わったら、世界でひとつだけの作品の完成。もっと黒にしたい場合は回数を重ねてもいいし、テーチ木の色だけで染めたりと、配色はお好みで。

伝説は伝統となり、やがて
「楽しい」と愛され始める

奄美空港から市内に向かって車で25分、「肥後染色・夢しぼり」は昭和47年から泥染めを始め、2015年には、アパレルブランド「Teba Brown」も立ち上げている。

言い伝えによると、泥染めが生まれたのは1300年前らしいけれど、産業として盛んになったのは今から約50年前。「まさか、こんな若い人たちが体験したがるようになるなんてね〜」と、親方の肥後英機さんは楽しそうに笑う。爪まで泥染めされた彼の手は、バトンを繋ぐために、毎日ここに立ってきた歴史そのものだった。 

最近では実際に泥田まで行かず、大きなボウルの中で染める体験所も多いそう。けれど、夢しぼりでは寒い時期や雨でない場合は、実際に膝まで泥に浸かりながら染色を楽しむことができる。長靴や手袋、服が汚れないように上着も無料で貸してくれるから、手ぶらでOK!

完成したTシャツを広げて、母の日にプレゼントするんだ〜と伝えると、「そりゃいいや」と、私よりも嬉しそうに、シャツを眺めて写真に収めてくれた。

「昔はこんなふうにお土産になったり、若い人に体験してもらえるものになるとは思ってなかったんだけどね。この島がずっと大事にしてきた伝統だから、これからも多くの人に愛されるものになっていってほしい」。

泥染めと藍染め、
選べないならどっちも。

Photo by devadurga

夢しぼりでは、藍染めも一緒に体験できる。どちらかが選べないと言う人は、両方使って染めてみる、なんて贅沢も許されるのだ。シャツに黄色が入っているのは、もともと黄色いシャツを染めたから。白いTシャツ、トートバック、ストールなどの素材をその場で買うこともできるけれど、使いたい色のシャツや靴、帽子など持参したものも染めさせてくれる。

体験の直前に素材を買いに行けばいいや、と思うのは危険かも。なぜなら私は、「コンバース」を販売しているお店が遠すぎて断念したから。準備は、飛行機に乗り込む前に済ませよう。

染めるものが増えても、「体験料は一律3,000円」という太っ腹にも感謝したい(3つ以上になる場合は、事前に電話すると助かるそうです)。

奄美から、世界へ。

夢しぼりの親方が染めた洋服や雑貨を販売している「devadurg(デヴァドゥルガ)」が、2010年にオープンした。オーナーの島崎仁志さんは奄美出身で、自然でつくるアウトドア用品というコンセプトを大切にしている。

直営店が、奄美と新潟に2店舗。立ち上げてから7年たった今、全国に40店舗、海外2店舗におろし販売を展開をしている。都内では、東京ソラマチやダイバーシティ東京で、親方の染めた洋服を買うことができるというから驚きだ。

「縫製等は広島や秋田でバラバラだけど、全て日本製。今後は奄美でも縫製できるような環境づくりをし、メイドインジャパンならぬメイドイン奄美を実現したい」

奄美の人たちは、本当に地元のことを大切に思っている。島に大学がないことで、若い人がどんどん少なくなってしまうという深刻な問題を抱えながらも、「島興しは島戻しだ」と、文化や伝統を広めていくために活動している。

初めて訪れたのに、田舎に帰ってきたような優しいあたたかさをつくっているのは、島の人たちの愛情に他ならないのだろう。

肥後染色・夢しぼり
住所:鹿児島県大島郡龍郷町戸口2176
営業時間:9:00〜18:00
電話番号:0997-62-2679
定休日:不定休

devadurga
住所:鹿児島県奄美市名瀬伊津部町11-7
営業時間:11:00〜19:00
電話番号:0997-69-4800
定休日:水曜日

Licensed material used with permission by 肥後染色・夢しぼり, Teba Brown, devadurga
7月19日、ED ROBERT JUDSON(エド ロバート ジャドソン)のコンセプトラインである「β(ベータ)」が、ブランド名を「beta post(ベ...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
鹿児島県のPR動画といえば、以前にTABI LABOでも取り上げたように、その圧倒的なクオリティの高さで有名だ。昨年公開された「KAGOSHIMA Ene...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...
「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給されたマスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。
総合酒類メーカーの「明利酒類」は、焼き芋の凝縮された甘みに注目して研究開発を進め、新感覚の焼き芋カクテル“酔う焼き芋”を完成させた。さつまいものなかでもっ...
ニューメキシコ州アルバカーキに、究極の「光る泥だんご」を追い求め、日々研究と実験を重ねている男がいる。ブルース・ガードナーだ。きっかけはある人物からこの「...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
奄美群島・徳之島の国産コーヒーシーンを特集。第三弾は、島で唯一吉玉農園の国産コーヒーが飲める、犬田布岬の喫茶店「自家焙煎珈琲スマイル」へ。徳之島で作られる...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
テキスタイル・デザイナーとして活躍する氷室友里さんは、友人の結婚式前夜祭で、染め物のワークショップを開き、参加者みんなで作ったドレスを新婦にプレゼントした...
イタリアが生んだ人気ファッションブランド「ヴェルサーチ」の2021春夏コレクションにプラスサイズモデルが起用され、公式Instagramにはブランドへの称...
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
先週はうんざりするほど雨続き。週末と月曜日は台風で、お気に入りの靴が泥だらけになってしまった人も少なくないはず。掃除用の歯ブラシを使って、自宅で綺麗にでき...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...
JAPAN LOCAL編集部員によるAirbnb「体験」の体験、第2弾! 前回の味噌作りとは打って変わって、今回は鎌倉で日本舞踊を習ってきました。もちろん...
奄美群島・徳之島の国産コーヒーシーンを特集。第一弾は台風による木の全滅を乗り越え、アグロフォレストリーという島でのコーヒー栽培の答えを見つけた宮出博史さん...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...