「政府支給マスク」を藍染めするイベントが開催中!

新型コロナウイルスによる新しい生活様式をオシャレに快適に過ごすための取り組みが、またひとつスタートした。

「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給された布製マスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。真っ白なマスクに自分好みの模様をつけて、人とは一味違うマスクを作ることができる。

両面無地片側のみに模様両面に模様という3つのデザインパターンが製作可能。平らなハンカチに比べて縫製済みのマスクへの模様付けは難易度が上がるが、模様をつけやすい方法や道具についてスタッフが説明してくれるので安心だ。

ちなみに、マスクは未使用のものに限定し、体験者が持参する。会場では2種類の藍染めマスク商品を購入することも可能だ。

申込みはこちらから。藍染め体験の料金は700円(税込)

©川崎市多摩区
©川崎市多摩区

『「政府支給マスク 藍染め体験」概要』

【期間】令和2年7月15日(水)~令和3年3月31日(水)
【時間】10:00~または13:00~ ※いずれも1時間程度
【受付方法】電話またはメールフォームによる事前申込制 ※メールフォームによる申込みは希望日の3日前まで
【料金】700円(税込)
【条件】マスクは未使用のものに限定。体験者が要持参

Top image: © 川崎市多摩区
ほかのマスクもチェック!

関連する記事

何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
「オークリー」が、アイウェア着用時も顔にぴったりフィットするマスク「MSK3」を発売。空気が上側から出るのを防いで、アイウェアのレンズが曇ることを防ぐ。
染色クリエイター「futashiba248」による、栗と和紙を使ったナチュラルマスク「農colorマスク(栗染め)」が登場。
マスクにつけるアクセサリー「マスクチャーム」のおすすめ5選です。マスクチャームのタイプやお気に入りが見つからないときのヒントもご紹介します。
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
国内外のアパレルメーカーが手がける「おしゃれマスク」を紹介。どれもオンライン購入可能で、洗って繰り返し使えるマスクばかり。withコロナ時代、おしゃれなマ...
夏のマスク着用時の不快感が少しでも軽減できるよう、素材に着目して夏マスクをピックアップ。「ひんやり冷感素材」でできたおすすめマスクを紹介します。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...