香港政府が「市民一人あたり14万円を支給する」と発表

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、香港政府がある施策を発表した。

「永住権をもつ18歳以上の香港市民に、一人あたり約14万円を支給する」──。

先月26日のこの発表は、新型コロナウイルスの影響で冷え込む一般の経済活動への支援を意味するのだが、じつはもうひとつの理由が......。

そこには、昨年秋に激化し、いまだ沈静化しない反政府抗議デモの余波で働くこともままならない市民の生活を守るという意味も含まれているという。

ちなみに、支給対象者の数は約700万人となり、この施策の実施に必要な金額はなんと1兆7000億円にものぼるとされる。

香港市民のデモとウイルスの恐怖と脅威が、この施策により、少しでも癒えることを強く願う。

Top image: © iStock.com/Kwun Kau Tam
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事