水に溶ける「ビニール袋」が開発

香港を拠点にする企業「Distinctive Action」が、水に溶けるビニール袋「#INVISIBLEBAG」を開発した。70℃のお湯をかければ、数分後には跡形もなくなるそうだ。

主な原料となっているのはポリビニルアルコール。これは医薬品のカプセルなどに使われるもので、有毒性がないとのこと。残りの原料はデンプングリセリンで、捨てられたとしても生分解され、動植物に害を与えることなく堆肥になるという。

通常のビニール袋と見た目は変わらないのに、地球に対する影響には大きな違いがあるのだ!

現在は、コンビニやスーパーが採用しているような「SHOPPING BAG」とTシャツなどを入れるために使われる「GARMENT BAG」という2種類が用意されている。

このビニール袋だけは多くの人に使って欲しい。胸を張って、そう言えそうだ。

 
©2019 Distinctive Action
©2019 Distinctive Action
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
水が入ったビニール袋のように見えて、実はこれ絵なんです!……そんなスーパーリアリズム作品なら、もうお腹いっぱい。
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
10月22日よりAirbnbもGoToトラベルキャンペーンが適用になりました。そこで今回は、Airbnbと協力して、おすすめの宿をピックアップ。泊まりたい...
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
日本国内で捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用する新ブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」。4/14よりオンライン限定で第1弾となる...
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
「JETMINMIN」の「FOLLOW-58」は、愛知県のテント屋さんからストックの供給を受けて制作したビニールテント素材のトートです。
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
廃棄カラー傘を使い、国内の職人の手により作られたサコッシュバッグが6月9日(火)より販売を開始。ビニール傘を粉砕などはせずに再利用することにより、汚れても...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
世界的な人気を誇るキース・ヘリングと「セブン-イレブン」がコラボしたキュートなビニール傘が登場。
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
創業130年を超える老舗が作る利便性バツグンのスマート財布。2方向で素早く開閉できる「時短L字型ジップ」や、開けてすぐに取り出せる小銭入れの位置など、財布...
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
中国の国家発展改革委員会が発表した報告書によると、2020年末までに主要都市でのビニール袋の使用を禁止。25年末までには中国全土で使用が禁止されるという。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
インドネシア・バリ島で、この数年間のあいだに大きな変革が起きていたことを知っていますか?2013年、当時10歳と12歳だった姉妹が始めた「レジ袋ゼロ」運動...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。