新常識!? 「箸袋」でつくられる日本版チップ

食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試みが、いま話題になっている。

その名も「JAPANESE TIP」。

ことの始まりは、主宰の辰巳雄基さんが飲食店でアルバイトをしていたときのこと。食事を終えたお客さんが残していった、無造作に変形させられた「箸袋」がきっかけだった。食べ残しや、食べ散らかされたテーブルに日々心を痛めていたときでもあり、その「箸袋」をお客さんからの「ありがとうのしるし」だと受け取るようにしたのだそう。

「もしこれが、お客さんからのごちそうさま!ありがとう!のしるしなら片付けがもっと楽しみになるのに」。

そんな発想から、箸袋の折り紙を「JAPANESE TIP」と名づけ、広めていくことに。2012年に活動がスタートし、辰巳さんは日本一周の旅をしながら、協力店をつのり、創作物を集めたのだった。

かっこいいもの、へんてこなもの。
1万3000点の「ありがとう」

全国から集まったこれらは、すべて「ありがとう」の気持ち。自由に思いを張りめぐらせながら見てみてほしい。

made in FUKUI / Restaurant
made in SHIZUOKA / Izakaya
made in TOKYO / Ramen
made in FUKUOKA / Restaurant
made in SHIMANE / Livemusic club

創作物の正体がなんのかは・・・つくった人のみぞ知る。

先日開催された展示会の様子。全国から集まった1万3000点のなかから8000点が展示された
Photo by YASAKA Marico

 

ここでひとつ、「折」という文化についてふれる。

まず、「包む」ということは、日本古来から相手を尊ぶ所作として大切にされてきたもの。神への供物や贈り物を想像すると、ピンとくるのではないだろうか。そして、包んだ時に紙に折り目がつくことに着目して生まれたのが、包みを美しく折って飾る儀礼「折」。この文化は「JAPANESE TIP」と通ずるものがある。辰巳さんは、「JAPANESE TIP」を通して、“相手を大切にする心”だったり、日本の礼儀や文化を考えるきっかけがつくれたら、という風にも考えている。

“あたりまえ”はそんなに
あたりまえじゃないってこと。

海外に行くと改めて日本のお店の対応の丁寧さに気づかされる、と辰巳さん。食べ物についても、日本は食料廃棄率が世界でもトップだったり。日本人は、お店でおもてなしを受けることに対しても、好きなものを好きなだけ食べられる環境に対しても“あたりまえ”になり過ぎているのではないだろうか。

箸袋を折りながら食べ物の「ありがたみ」を感じとる。そして、おもてなしに対する「ありがとう」を表現する。気持ちのこもった「JAPANESE TIP」というコミュニケーション、あなたも今日からはじめませんか?

 

Licensed material used with permission by JAPANESE TIP
Top Photo by YASAKA Marico
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
イギリス発祥のドレスシューズ「ウイングチップ」の「穴」に隠された秘密とコーディネートのポイントとは?
ここで紹介したいのは「はしながおじさん」というプロジェクトの存在。これは、対象のお箸を購入すると、それとまったく同数のお箸が児童養護施設の子どもたちに贈ら...
日本にも上陸しているサンフランシスコ生まれのチョコレート専門店「Dandelion Chocolate」が、チョコレートチップの形を再考。
ピルの飲み忘れを予防するためのスマートピルリマインダー「Popit Sense(ポピットセンス)」が日本上陸。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
畳に使われる「いぐさ」が実は食べられるってことを知っていますか? 食物繊維はレタスの約60倍で、お腹の環境を整えるのに抜群の効果を発揮してくれるそうです。...
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
日本酒造りの過程で廃棄される酒粒やビールから作った、新感覚のクラフトジンを提供する「エシカル・スピリッツ」が、東京・蔵前に蒸留所を開設。極めて香り高いクラ...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
環境を守る数々の取り組みで知られる「パタゴニア」の日本支社は、2020年4月1日から日本国内の直営店全22店舗で「お持ち帰り袋」を全廃することを発表した。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「アディダス」のアパレルライン「アディダス オリジナルス」は、現在、12年ぶりに復刻した「A-ZXシリーズ」を展開中。このたび発表された人気ブロック玩具「...
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
できたてのハンバーグステーキが、じゅうじゅうと音を立てながら運ばれてくる。そんな様子を、思い浮かべてみてください。こんな時、どうしても「お箸で食べたい!」...
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
日本発のシーシャブランド「OCHILL(おちる)」は、新しいシーシャ「#吸うお茶」を作るプロジェクトを立ち上げた。当プロジェクトを通じて、日本らしい「Ch...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。