日本の「包む文化」と、ドイツの「ミニマリズム」を融合させたギフトボックス

贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものもさらに素敵に見えてきますよね。

でも、自分できれいにラッピングするのはなかなか大変な作業です。そんなとき、このギフトボックスが活躍してくれそうです。

ドイツのデザイナーが
日本文化に影響を受けて…

このパッケージブランド「Wrappu」を立ち上げたのは、ドイツ・ミュンヘンに拠点を置くデザイナー、Micha KumpfとNgaire Wex。ブランド名の「Wrappu」というのは、英語の「Wrap」と日本語の「ラップ(rappu)」を組み合わせた名前。

何度も旅行で訪れるほど日本が好きで、とくにそのラッピング文化をリスペクトしているため、このようなネーミングになったのだとか。

日本の「包む」文化

日本は、贈り物を丁寧に包んで相手に敬意を表す文化が根付いています。日本人にとっては当たり前なのであまり意識しないかもしれませんが、のし袋やご祝儀袋、ふくさなどの文化は、海外ではあまり見られません。いろいろなものを包むことができる「ふろしき」も海外からは驚きを持って見られることも多いですし、さらに言ってしまえば和服も身体を「包む」という感覚がありますよね。

Wrappuは、組み立てる過程が「折り紙」のようなところも含めて、日本文化にインスパイアされていることが伝わってきます。

ドイツらしい
環境に優しいミニマルデザイン

とはいえ、デザインは日本風ということもなく、ミニマルでスタイリッシュなドイツらしさを反映したもの。さらに、プリントに使われているのは再生エネルギーで、配送料も極力抑えられるようにデザインされているなど、環境への配慮も意識しているとのこと。

パッケージに思いを込める日本文化と、シンプルで機能的なものにこだわるドイツらしさの融合だと言えるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Micha + Ngaire, Sonia Mangiapane
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
Netflixが「パブロ・エスコバルのカバ」を題材にしたコメディ『Cocaine Hippos』を製作するようだ。
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
ドイツで100年の歴史を誇るオーガニックハーブ&スパイスブランド「Herbaria」が日本で手軽に買えるようになる。
プレゼントの中身は大切だけど、入れものだってその一部。ラッピング次第で、持ち運ぶときの気分だって変わるもの。そして、包むといえば「紙」。では、こんなアレン...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
今春4月25日、新しく出店する「IKEA原宿」のオープンに向け、「イケア・ジャパン」は日本でもっとも話題のバーチャルモデル「imma」とパートナーシップを...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
アメリカ、ノースカロライナ州のデザイナーであるOlivia Mearsさんは、クリスマスプレゼントのラッピングを利用してニューイヤー祝いのハイクオリティな...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
先月、スイスのジュネーブ市は市内の横断歩道を示す道路標識の半分を「女性モチーフ」に変更すると発表。これにより500の標識の約半分が女性をデザインしたものに...
回転すしの「スシロー」が2020年秋から開催される「ドバイ万博」に出展することが決定。スシロー流のこだわりで日本の魅力を世界にアピールする。
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
バレンタインのギフト候補に、「BAM」の蝶ネクタイをリストイン!
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
バレンタインのギフト候補に、「BOTCHAN」のメンズコスメをリストイン!
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!