香港のデモで急成長したサンフランシスコ発のアプリ

6月から続いている香港でのデモ。香港史上最大といわれるこの抗議活動のなかで急成長したサンフランシスコ発のアプリがある。

その名も「Bridgefy(ブリッジファイ)」。

通常のメッセージアプリとは異なり、Bluetoothにつなげば100m以内にいるアプリのユーザーと、インターネットの接続なしでメッセージのやり取りができるというのが特徴で、これこそが今回のデモで多くの人々が利用しているポイントでもある。

ネットを使う必要がないということは、中国当局の検閲の目をかいくぐることができ、デモ参加者同士のホットラインに最適。利用者が一気に拡大した。「BBC」が報じたところによると、同アプリのダウンロード数はこれまでの40倍にものぼるという。

もともとは、ネットがつながりくい野外イベントなどで利用されることが多かったというBridgefyだが、思わぬ形で認知度が上がり利用者数が増大する結果に。今後、このアプリがどのような展開をみせるのか注目したい。

Reference: BBC
Top image: © Anthony Kwan/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
香港のThe Peakに6月、「Monopoly Dreams Hong Kong(モノポリー ドリームズ 香港)」がオープン予定。ここはモノポリーの世界...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
肌着メーカー「GUNZE(グンゼ)」から、「肌にやさしい洗える冷感布製マスク」が登場。肌触りがよく、長年に渡って肌に触れる製品を作ってきたこだわりを感じる...
「インスタジェニックな香港」といえば、ヴィクトリア・ピークやシンフォニー・オブ・ライツで異論なし。だけど、James Wongは、単なるストリートにその美...
3月19日、香港政府が人工島を建設すると発表しました。環境破壊をはじめとした理由で批判の声もたくさん上がっていますが、注目したいのはその理由です。
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「Off-White(オフホワイト)」のアクティブウェアが人気必至!ジムやスポーツ用はもちろん、普段着使いしたいトレーナーやパーカーも!
磯臭いのに恐ろしくビールがすすむ、香港の「油菜」について。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
名門「香港バレエ団」が公開するカラフルでポップな動画。多数のバエレダンサーが出演し踊りを披露。ソロやデュオ、グループなどさまざまなダンスのなかに、バレエの...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
東京・銀座に、美容目線で厳選したナッツ16種類を揃える専門店「美容とナッツの専門店 produced by Terra grano」が登場。専門スタッフに...
今月1日(火)、「味覇(ウェイパァー)」に新商品の青い缶がお目見え。エビにアサリ、昆布、オイスターなどを合わせた海鮮調味料だ。
Towers within a Towerは、その名の通りタワーの中にタワーが建てられるようにデザインされています。自室やリビングルーム、キッチンやバスル...
3月31日、サンフランシスコ市公衆衛生局が衛生管理士に対して、マイバッグやマイカップの使用に関するガイドラインを一時的に改定した。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
2月26日、香港政府は、悪化する経済への支援策として、18歳以上のすべて香港住民一人あたり約14万円を支給すると発表。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...