サンフランシスコがアーティストに「活動支援金」を支給

10月8日、London Breedサンフランシスコ市長が、アーティストを対象とした「ベーシックインカム」プログラムを開始する計画を発表した。

同市は、今年4月にサンフランシスコ経済復興タスクフォースを設立しており、ベーシックインカムプログラムをはじめ、企業への直接的な資金援助文化地区への支援特定の税金の支払免除などの経済復興政策を提案した。

このたび提案されたプログラムは、来春から6ヵ月以上にわたり、最大130人のアーティストに1ヵ月1000ドル(約10万5000円)を支給するというもの。

さらに同プログラムを含め、サンフランシスコ市では、アーティスト、芸術分野の教育関係者、芸術団体、文化労働者に約600万ドル(約6億3000万円)の資金を提供していくという力の入れようだ。

今年5月には、同市長が発起人となり、アメリカ22都市の市長合同で、アメリカ議会と政府に対し、芸術・文化部門への追加資金援助を要請する要望書を提出している。

コロナ禍で経済的に不安定な状況のアーティストにとっては、安心して活動を続けられる、心強いサポートに違いない。

Top image: © iStock.com/mauromod
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
3月31日、サンフランシスコ市公衆衛生局が衛生管理士に対して、マイバッグやマイカップの使用に関するガイドラインを一時的に改定した。
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで食べるべきグルメです。
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
「ZARA」は5月12日に、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日に日本、中国でメイクアップコレクション「ZARA BE...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
サイボーグアーティスト「Moon Ribas」へインタビュー【vol.2】
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
サンフランシスコでは、今年5月に可決された、実店舗やレストランで完全キャッシュレス支払い禁止を要求する条例が、小売店などで有効になっている。違反をした場合...
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
「No Tech Zone(テクノロジー禁止ゾーン)」と書かれている。この標識が設置されたのは、米・サンフランシスコにある「Alamo Square Pa...
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給されたマスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。
人糞に悩まされるサンフランシスコ。なんと、ひたすら人糞を探して清掃するための人を雇うのだとか。しかもこの仕事、驚くほど高給なんです!
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
新型コロナウイルス流行の影響により、ライブが開催できず困窮するライブハウスを支援できるプロジェクトが始動!その方法とは……
サイボーグアーティスト「Moon Ribas」へインタビュー【vol.1】
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
香港でのデモがきっかけで急成長したサンフランシスコ発のメッセージアプリ「Bridgefy(ブリッジファイ)」。Bluetoothにつなげば、100m以内に...