サンフランシスコがアーティストに「活動支援金」を支給

10月8日、London Breedサンフランシスコ市長が、アーティストを対象とした「ベーシックインカム」プログラムを開始する計画を発表した。

同市は、今年4月にサンフランシスコ経済復興タスクフォースを設立しており、ベーシックインカムプログラムをはじめ、企業への直接的な資金援助文化地区への支援特定の税金の支払免除などの経済復興政策を提案した。

このたび提案されたプログラムは、来春から6ヵ月以上にわたり、最大130人のアーティストに1ヵ月1000ドル(約10万5000円)を支給するというもの。

さらに同プログラムを含め、サンフランシスコ市では、アーティスト、芸術分野の教育関係者、芸術団体、文化労働者に約600万ドル(約6億3000万円)の資金を提供していくという力の入れようだ。

今年5月には、同市長が発起人となり、アメリカ22都市の市長合同で、アメリカ議会と政府に対し、芸術・文化部門への追加資金援助を要請する要望書を提出している。

コロナ禍で経済的に不安定な状況のアーティストにとっては、安心して活動を続けられる、心強いサポートに違いない。

Top image: © iStock.com/mauromod
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
3月31日、サンフランシスコ市公衆衛生局が衛生管理士に対して、マイバッグやマイカップの使用に関するガイドラインを一時的に改定した。
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
いつでもどこでもパパッと振りかけられるタブレットケース型の青花椒「金の太陽花椒」。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。