この場所でスマホを使ったら罰金約35,000円。サンフランシスコに出現した「とある看板」に考えさせられる・・・

「No Tech Zone(テクノロジー禁止ゾーン)」と書かれている。この標識が設置されたのは、米・サンフランシスコにある「Alamo Square Park」がある通りだ。画像を見てみよう。

ガーディアン」紙によれば、この看板は、2015年9月21日の朝に突如設置されたらしい。何の目的で誰が置いたのだろう?と議論が巻き起こったが、翌日の午前中には消えていたという。地元当局も、誰によるものかわからないと回答した。

記載にはこうあった。

「携帯電話、タブレット、ラップトップ、スマートデバイスは禁止。違反した場合、300ドル(約35,000円)の罰金」

サンフランシスコといえば、世界最先端の街。「未来都市」とも呼ばれるような場所だ。看板が設置されていた場所が、Googleの社員用シャトルバスの停留所付近だったことから、テック企業に憤りを感じた何者かによる“静かな抵抗”だったのではないかと噂された。

街の住民の声は様々だ。なかには「取り外されてしまったことが残念」という意見も。誰もが首をかしげる珍事件だったが、2週間後再び公園内に看板が現れることに。一体誰が!?

アーティストによる
パフォーマンスアートだった!

じつはこれ、サンフランシスコ在住のアーティスト、アイヴァン・キャッシュ氏によるパフォーマンスだった。各メディアに謎の事件として取り上げられたのち、TVなどに本人が出演し、その真相を語った。その様子が上の動画に収められている。

再び突如として現れた看板。今度は公園内に設置され、多くの人の間で話題に。

デバイスの持ち込みを禁止する看板を、スマホで撮影する人々。

指をさし、不思議そうに見つめる通行人。たしかに「ナニコレ?」と感じてしまうのは想像に難くない。

キャッシュ氏は、もともとニューヨークで生まれ育ち、サンフランシスコに移住してアートスタジオを始めた。元Facebook社員であり、テクノロジーに精通している。

「テクノロジー産業が、友達を雇用し、好きなモノやサービスを作り、支払いまで管理しています。わたしはこれを課題と捉えています。世界中の人々や、あらゆるものへの繋がりが、スマホ画面を通して行われています。サンフランシスコは特にそう」

「都市部で暮らしていても、公園に行けば街の喧騒から離れられます。どこか外に出たくなったときに訪れますが、通行人を眺めていると、せっかくの景色や心地いい音ではなく、スクリーンに目を寄せている人が多かった。わたしは、この看板が人々が会話するためのきっかけとなり、少しでも笑顔になってくれればと思っています」

看板は1枚100ドルで販売されている。もちろん私有地での使用に限るが、デジタル断捨離を考えるきっかけにはなるかもしれない。

Licensed material used with permission by Ivan Cash
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
サンフランシスコでは、今年5月に可決された、実店舗やレストランで完全キャッシュレス支払い禁止を要求する条例が、小売店などで有効になっている。違反をした場合...
サステイナブル建築でオープンしたイギリス・グリニッジのIKEA。彼らとしては、お客さんにも環境問題を意識してほしいみたいです。ということで、ユニークな看板...
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
縁結びで知られる「出雲大社」の古代の姿をARやVRで楽しめる「古代出雲大社高層神殿AR・VR」が制作され、無料の史跡観光アプリにて今月から公開中。
人糞に悩まされるサンフランシスコ。なんと、ひたすら人糞を探して清掃するための人を雇うのだとか。しかもこの仕事、驚くほど高給なんです!
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
The Pedestrian Council of Australia(オーストラリア歩行者協議会)が、“歩きスマホ”をする歩行者に対しペナルティを科すよ...
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
3月31日、サンフランシスコ市公衆衛生局が衛生管理士に対して、マイバッグやマイカップの使用に関するガイドラインを一時的に改定した。
サンフランシスコ市長London Breed氏は、経済復興政策の一環としてアーティストに対する「ベーシックインカム」プログラムの開始を発表した。
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」だ。
11月7日、アメリカ大統領選挙でジョー・バイデン前副大統領が当選確実だと伝えられ、次期副大統領になることが確実となったカマラ・ハリス上院議員が、デラウェア...
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで食べるべきグルメです。
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
オランダを拠点にする「Studio Roosegaarde」が開発したこの看板は、周辺の汚れた大気を吸収して酸素を排出するという特殊な機能をもった樹脂でコ...
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。