あえて「危険ドラッグの使用」を見逃す施設が、サンフランシスコにできるらしい。

2018年7月までにサンフランシスコが、ドラッグ中毒者のための“ある薬物注射施設”をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこでは、一時的にドラッグを使用しても見逃されるそうです。そして、HIV感染予防のための無菌注射器が置かれ、過剰摂取をした場合に救命措置のできるナースが常駐する予定なんだとか。

しかも、使われる想定のドラッグは、ヘロインやコカイン、メタンフェタミンなど、依存性の高いものばかり。だけど、その使用を勧めているわけではありません。

「だったら、なんでそんなことをするの?」と疑問を抱く人も多いでしょう。

どうやら、薬物中毒を厚生するための【ハーム・リダクション】という対策を踏まえての開設のようです。

死亡者が35%減少?

そもそも欧米に比べて、日本では薬物中毒者の数が少ないので、ハーム・リダクションの知名度は高くありません。だけど、アルコール依存症やニコチン依存症の治療のために、この対策がとられることも。

それを恋愛にざっくりと置き換えれば、「浮気は見逃す、でもお願いだから別れないで」なイメージ。すぐに止めるのは無理があるから少しずつ直してもらおう、という譲歩ともいえます。

国際ハームリダクション協会」は、ドラッグ使用にともなう危険性を最小限化する対策と説明しています。つまり、強制的に薬物をとりあげても禁断症状や再犯の恐れがあるから、ある程度の行為をとりあえず見逃して、HIV感染や心肺停止などの防げるものは防いでおこうということ。

だから、サンフランシスコをはじめとした、ニューヨークやシアトルが、このハーム・リダクションを踏まえて、薬物注射施設をオープンする計画を立てているようです。

話を恋愛に戻しましょう。

パートナーと別れたくないから浮気をさせようと思ってる、と友だちから相談を受けたら、反対する人もたくさんいるでしょう。「浮気を一度認めたら、何回も繰り返すよ」や「なんで付き合っているの?」といった具合に。

ハーム・リダクションについても、「ドラッグの使用を助長するだけだ」や「犯罪者をなんで助けるの?」などと、同じような意見が寄せられています。さらに、開設にともなって、ドラッグ中毒者が集まり、治安が悪くなってしまうと、懸念する近隣住民もたくさんいるそうです。

なかなか多くの人の理解を得られないハーム・リダクション。だけど、2003年にカナダでオープンした薬物注射施設「Insite」によれば、ドラッグの過剰摂取による死亡者の数は35%減少したとのこと。その効果は、徐々に証明されつつあるようです。

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
サンフランシスコのグラフィックデザイナー・Brian Pollett氏は、毎日種類の違うドラッグを摂取し、1日1つずつ作品を描いていったそう。それぞれの化...
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
「No Tech Zone(テクノロジー禁止ゾーン)」と書かれている。この標識が設置されたのは、米・サンフランシスコにある「Alamo Square Pa...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
2017年4月、東京からサンフランシスコまで太平洋を泳いで渡る。こんな途方もない計画を立てている男がいる。ベン・ルコント(49)がその人だ。じつは彼、これ...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
実物を前にしたら目をまん丸くして、まじまじと見てしまいそう…。これは、アメリカを拠点に活動するScott Weaverさん(57歳)の「Rolling T...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
世の中には多くの職業が存在するが、中でも危険とされるものを「The Infographics Show」が紹介している。以外な職業の名が上がっている。また...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。