そこは、うねる「霧の波」が支配する世界

朝のほんのわずかな時間、大地を覆っている「霧」がうねり出すときがあるそうだ。天気予報や衛星画像を日々ウォッチしながら、撮影に適した濃い霧が出そうな時間を予測して山へと向かう。

もう、こんなことを8年間も続けているというフォトグラファーは、自らをこう表現する。霧の美しさに見せられた者、“Fogaholics(霧中毒)”と。

朝もやの山頂に広がる大海原

02d91b16e7f970a406b0116a2e1c1068448ab050

山頂までの道のりをもう数百回も行き来するなかで、Nicholasは「霧の高さと濃度の条件が完全に一致したとき、山の輪郭に沿うようにして霧が波を打つように形づくられることに気づいた」んだそう。

BoredPandaの記事の中で、彼は一連の写真がシャッタースピードこそ変えているものの、Photshopなどによる加工は一切していないことを綴っている。地上数百メートルにできる霧の波は、まさに海そのものだそう。

9794ead94f6eacc6ee94976af4da37b2d58ede92A8815da361bfcfe81abed140aa12e2716d23935a2f4635764a9ae947cd77ecf3b4dbe00392a5bfc39bd76545f62cb81e71005ab2be8aade3f883d28cDab3ea37aa20956f8486fd9fb1aebb4894205df610d3c6babdc5982f6e178472c74e76ebb00a35d97518f735cc9c9e9a99dfe150261fde0aefc25644D080d413e04561fdcd7d064b81398207485c6d41

いつか、自分もこんな朝に出会えますように。

Reference:BoredPanda
Licensed material used with permission by NIck Steinberg
キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬...
これは、2016年8月22日ミズーリ州ニューヘイブンで撮影された写真。当時、雨は降っていなかったということですが、大地を覆う霧の上に“色のないアーチ”がか...
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
撮影をしたAdam Freundilchさんによると、ここはルーマニア西部のオラデア。彼の故郷なんだそう。霧がかかるのはとても珍しく、日常では捉えられない...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
Davide Sassoさんは、3型2色覚(青色盲)の人たちがどのような世界を見ているのかを表現した。個人的には、雲ひとつない空も少し霧がかったような、ぼ...
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
僕は水中にいた。魚もいない、何もない水の中。それだけの世界だった。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...