ナニコレ!?「色のない虹」がアメリカ中西部で目撃される

これは、2016年8月22日ミズーリ州ニューヘイブンで撮影された写真。当時、雨は降っていなかったということですが、大地を覆う霧の上に“色のないアーチ”がかかっていることが、はっきり見て取れます。神のお告げか悲劇の前触れか…撮影した本人も不安で仕方なかったそう。

偶然目にしたのは
色どりを失った虹

94f9736eefe553e8f9e840e34c712314038ea123

「霧の中を運転していると、目の前に白いアーチがぼんやりと浮かんできたんです。最初は目の錯覚じゃないかと思ったんですが、気になって車を止めカメラを向けました。それがどれだけレアなものかなんて全く知らずに…」

得体の知れない不気味さを感じつつも、その神々しさに思わずシャッターを切ってしまったTammi Elbertさん。彼女は、竜巻をはじめ気象現象の追跡する「ストームチェイサー」。荒れ狂う自然の猛威に慣れっこな彼女も、目の前の不思議な光景に出会うのは初めてだったそう。

虹の正体がSNSで判明

すぐに不思議な超常現象をFacebookやTwitterで画像共有したことで、彼女が目にしたナゾの正体が「霧虹(きりにじ)」であることが友人より知らされました。

霧虹は、虹と同じような現象で発生するそうですが、降雨のときとは違い、雨粒(水滴)が霧のように小さいため、太陽の光が七色に分散せず、白く映るものをこう呼ぶんだそう。そのため白虹(しろにじ、はっこう)と呼ばれることも。

また、今回のように霧虹をくっきり視認できる観測条件は、太陽を背にしているとき、と国立観測所の情報を「ABC News」は補足しています。

霧虹を見るためには…

さて、気候条件が合致しなければなかなかお目にかかれない霧虹ではありますが、日本でもしばしば観測が報告されています。たとえば高い山の上や朝霧の湖畔、さらには飛行機の窓の外など。

霧虹が見える条件をざっくり定義すれば、①太陽に背を向けているとき、そして②正面(前方)に雨よりも小さい霧粒子が浮遊していること。

この②に関して「The Weather Channel」では、0.025インチ(約0.63ミリ)ほどが望ましいとしています。

七色の虹が出るときの雨粒よりも、もっと粒子の細かい水滴。すわなち霧雨が前方に降っていて、そこに背後から太陽の光が当たっているときがビッグチャンス!?

Licensed material used with permission by Tammi Elbert
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design St...
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
朝のほんのわずかな時間、大地を覆っている「霧」がうねり出すときがあるそうだ。天気予報や衛星画像を日々ウォッチしながら、撮影に適した濃い霧が出そうな時間を予...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...