ペルーの「虹」は空でなく、山にも描かれていた。

ペルーには、「マチュ・ピチュの遺跡」や「マラスの塩田」などの絶景がある。しかし、2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている“聖地”が。

「レインボーマウンテン」その名の如く、虹色に彩られた異様な光景に、多くの観光客が吸い寄せられている。

虹色の鮮やかな稜線

Sさん(@suri.t7)がシェアした投稿 -

標高5,000メートルの秘境。ここからの景色は、まさに絶景そのもの。ただし、高山病を十分注意しなければいけない高度なので、備えを怠らないことや、出発前日は早めにベッドに入ることを忘れずに。

まだ、日本での知名度がそれほど高くないレインボーマウンテン。世界でも珍しいとされる唯一無二の景色を眺めに出かけてみるのはいかがだろうか?ペルーに行く際には、お忘れなく!

Licensed material used with permission by nicolecairns24, maria_travels_the_world, marianesalazar22
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
南米ぺルーのクスコから約1時間半の場所にあるマラス。ここは「マラスの塩田」で知られる。気の遠くなるほどの時間をかけて生まれた姿は、絶景そのもの。年間で、1...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design St...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
鼻の先が凍るような、極寒の地。コンドルの声が上空で響き、多様なアンデスの動植物の息吹が、かすかに息づいている。標高4,600m。息をのむような美しい氷河湖...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
001 大陸:南米002 国名:ペルー共和国003 都市名:リマ004 日付:2012.02.01「モノづくりは、言葉を超える。」 About The C...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...