貨物コンテナの「再就職先」は、海抜2,200mの山の上

ジョージア(旧グルジア)とロシアの国境をまたぐ、コーカサス山脈に位置するGudauri山は、隣国からスキーリゾート客が訪れる冬場の観光地らしい。この山の中腹に誕生したホテルが、なにかと耳目を集めている。

では、すぐにでも観光で…とはいかないだろうけど、アイデアと雰囲気だけでも紹介したくて。

海で役目を終えた「コンテナ」を
ホテルとして再活用する

標高2,200mの地点に経つブティックホテル「Quadrum」。山の上のロケーションに、大きな屋根の突き出したシャレーをイメージしてしまうが、ここの特徴は長方体のブロックをピラミッドの外装石のように積み重ねたような、その風変わりな見た目。

聞けば、このブロックはすべて海で用済みになった貨物コンテナ、つまりはリユース先に“海抜2,200m”の山の上が選ばれた、というわけだ。

「海」から「山」へ
環境に配慮した
イケてる“リユース術”

 建設プロジェクトの背景にあったのは、「作業工数を極力減らして、自然環境への負担を減らす」こと。ゆえのコンテナだったわけだ。

世の流れでもある、ミニマリストなスタイルに則ってデザインしました。山肌の複雑な地形にも、自然と溶け込むように斜面に合わせ、周辺環境へのダメージもミニマルに抑えることができました。

建築デザインに携わったCopter.geのスポークスマンの言葉を「The SUN」が紹介する。

コンテナをこの場所に運んでくる、その工数はかなりなものだったに違いない。けれど、この場所にゼロから施設を建てていくことと比較したとき、予算面からも、周辺環境への配慮という点でも、軍配はコンテナに上がったようだ。

室内デザインも
調度品もいい感じ

スタンダードな部屋から、ファミリー仕様のもの、さらにはペントハウスのデラックススイートまで、コンテナと言えど内装も、おもてなしも、そこはホテルレベル。

一度は、こんな景色を眺めながら、ゆったりコンテナ泊を楽しんでみたいなあ。

Licensed material used with permission by Copter.ge, Quadrum
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ドイツ・ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」は、コンテナを積み上げて造られました。全64部屋で188つのベッドを用意。ギャラリーやスパなどが...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
廃墟となっていた建物に輸送用コンテナを一つひとつ積み上げて作られた、ベネズエラのカルチャーセンター。カフェやレコーディングスタジオ、イベントスペースなどが...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
〈Penco(ペンコ)〉の「ストレージコンテナー」です。デスク上の細々したものを収納するためのストレージ、いろいろありますが、コイツはとにかく安くて、かわ...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
おしゃれなコンテナハウスを、別荘や自分だけの趣味小屋用に作るーー。ちょっとやってみたくなるけど、ここまでできるのか!と驚かされる例を紹介。中古コンテナに必...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
南米ぺルーのクスコから約1時間半の場所にあるマラス。ここは「マラスの塩田」で知られる。気の遠くなるほどの時間をかけて生まれた姿は、絶景そのもの。年間で、1...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...