今こそ、今だから、UK!

欧州連合を抜けようと抜けまいと、この王国は、今日も一連帯。これから先のことはまったくわからない状態ですが、ロンドンは相変わらず世界屈指の高級ホテルに溢れ、イギリス郊外のカントリーハウスも健在。スコットランドにはスタイリッシュな都会派ホテルと、立派なお城のホテルが共存しています。

こんな言い方は繊細さに欠けるのかもしれないけれど、地元のホテルや宿のスタッフからは、せっかく英ポンドの価値が下がったんだから遊びに来てほしい、という声がたくさんあがっています。

旅行者にとっては訪れやすく、地元の人にとってはありがたい交流の機会。近年なかったこのチャンスに飛び乗ってみては?

01.
NUMBER SIXTEEN

ロンドン

知る人ぞ知るファームデール・グループといえば、「ハム・ヤード」「コヴェント・ガーデン」「ヘイマーケット」といった都会的でお洒落スポットから、タウンハウスを利用した「ドーセット・スクエア」や「ナイツブリッジ・ホテル」のような比較的閑静なものまで、高いセンスを光らせるホテルを数々打ち出してきたホテルグループ。

ここ「ナンバー・シックスティーン」は後者の一例。美しいビクトリア王朝式のテラスハウスの脇には、温室とガーデンが新設され、南ケンジントン地区のエレガントな夏を満喫するのにぴったり。

詳細はコチラ

02.
THE SAVOY

ロンドン

ロンドンの元祖高級ホテルといえば、もちろんここ、泣く子も黙る「ザ・サヴォイ」です。丁寧なリノベーションを経て、1899年来の高貴なスタイルはそのままに、現代人が求める最新アメニティを完備。

そして、館内レストラン、“サヴォイ・グリル”は、辛口キャラとして有名なセレブシェフ、ゴードン・ラムゼイ氏が指揮。今や世界屈指とされる熱いロンドンのグルメシーンを、上手に反映しています。

詳細はコチラ

03.
HOTEL CAFE ROYAL

ロンドン

カフェ・ロワイヤルは、もともと有名レストランとして知られ、かつてはオスカー・ワイルドも頻繁に足を運んだ場所。客室は比較的最近になって増設されたものなんです。

とはいえ、今やロンドン屈指の高級ホテルとして知られるここは、上品なウェストエンド生活に欠かせない贅沢な複合施設として、リージェント・ストリートを訪れるハイソな人々の憩いの場となっています。

詳細はコチラ

04.
NO 131

チェルトナム

サム&ジョージー・ペアーマン夫妻のホスピタリティ・グループ、ラッキー・オニオンは、これまでグロスタシャーやコッツウォルズ周辺を拠点に、複数の高級ホテルやレストランを手がけてきました。

その中でも一番大きなプロジェクトとなったのが、チェルトナムの「ナンバー・131」。食事から客室、雰囲気まで、簡単に言ってしまうと、期待を超えるクオリティで提供してくれる、とっておきの一軒です。

詳細はコチラ

05.
THE VARSITY HOTEL & SPA

ケンブリッジ

ケンブリッジ大学の卒業生4人が手がけた「ザ・ヴァーシティ・ホテル&スパ」は、一面窓の超近代的な客室から、歴史溢れるケンブリッジの街並みがたっぷりと楽しめる、なんとも贅沢な場所。

足元にはマグダレン・カレッジ。セント・ジョーンズやトリニティ、ジーザスのキャンパスもすぐそば。当然ながら、平均的な学生の溜まり場より、格段と上質です。

詳細はコチラ

06.
HARD DAYS NIGHT HOTEL

リバプール

活動初期のビートルズがよくライブをしていたというキャヴァーン・クラブからすぐのところにあるこのホテルは、(ファンなら当然お分かりの通り)この街を代表するバンドをテーマにしています。

ビートルズをテーマにした、なんていうと、下手すると子供だましの遊園地のようになってしまいそうですが、「ハード・デイズ・ナイト・ホテル」ではその心配はナシ。ポートレートやバンドにまつわるファンアイテムはいたるところに取り入れつつ、リバプール屈指のモダンなデザイナーズホテルになっています。

詳細はコチラ

07.
OLD PARSONAGE HOTEL

オックスフォード

「ジ・オールド・パーソネージ」は、“17世紀のデザイナーズホテル”を唄うユニークなホテル。でも、訪れてみると納得するはず。

考えてみれば、オックスフォードは、古すぎて創立年日も正確にはわからないという大学がある町。それに比べたら、オスカー・ワイルドが訪れたのはつい最近のことと言ってもいいはず。ホテルのゲストブックには、彼の署名がみられます。

詳細はコチラ

08.
CHEWTON GLEN HOTEL

ニュー・ミルトン

イギリスのカントリーハウスを一軒だけ選ぶなんて、とっても難題だけれど、ここ「チュートン・グレン」は、その代表として名を挙げるにはぴったりでしょう。1079年に創設されたニュー・フォレストの境界にあり、その立地の素晴らしさは文句なし。

しかも歴史を感じさせる見事な家は、上手にアップデートされ、現代人も安心してくつろげる、非の打ち所ない高級感溢れる空間になっています。

詳細はコチラ

09.
GV ROYAL MILE HOTEL

エジンバラ

さて、スコットランドの首都エジンバラでは、建築家マテオ・タンによる目を見張るほどモダンな「G&V ロイヤル・マイル・ホテル」が、世界遺産となっているこの街に、大胆な近代の息吹を吹き込んでいます。

その超コンテンポラリーな外観とカラフルな内観は、歴史あるロイヤルマイルの伝統的な姿に新鮮なコントラストを生み出し、この街の次なる一章を示唆しています。館内には、エジンバラとヨーロッパをつなぐヒントがたくさん飾られています…。

詳細はコチラ

10.
INVERLOCHY CASTLE

フォート・ウィリアム

スコットランドならではの伝統を楽しみたいなら、1860年へと歴史を辿る「インバーロッキー・キャッスル」へ。息を呑むほど豪華絢爛なインテリアと、広々としていてとっても居心地良い客室は、時が流れてもその魅力が廃れることはありません。

世の中でなにが起きていようと、これから起きようと、ここでは取り立て大きな変化なく、ゆったり優雅に流れる時間が体験できそうです。

詳細はコチラ

andmore
他の記事を見る
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。