パカっと開くと家になるコンテナ。これスゴイ!

まずはこのGif動画を見てみましょう。

トレイラーに乗せて運搬すれば、どこにでも持っていけちゃうこのコンテナ。なんと54平米まで拡張するのだとか。内装も写真の通り、めちゃくちゃ広いです。

コレが拡張後の大広間。

右手はキッチンへの通路。

左手はバスルーム。

キッチンはIHとオーブンがあります。

バスルームは、シャワー・トイレ・ドラム式の洗濯機がセットに。

これが全体の見取り図。家具を置いてみても、十分なスペースがありそう。

ちなみに、コンテナのサイズや種類は豊富にあり、いろいろなシーンごとに使い分けが可能です。たとえば…

カフェになります。

素敵ですよね。

イベントスペースにも。

モバイルオフィスとして使ってもよさそう。以下の動画を見るかぎり、床を支える支柱を設置すれば、ベランダを増設することもできそうです。

さらに…

コンテナ同士の組み合わせも
自由自在!

気になるのは動力源ですが、メスの3ピンソケットが設置されているため、15アンペアのコードを接続すれば電力を供給できます。あとは、外の水道からホースで水を汲めばライフラインは確保。将来的にはソーラーパワーなどで発電できる「Eco EBS Block」も考案中とのこと。

残念ながら価格は公開されていませんが、オーストラリアに拠点のある企業のようで、どの国からも注文可能なのだそう。緊急時用の簡易住宅や、別宅としてもちょうどいいかも!?

Licensed material used with permission by EBS Block
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
廃墟となっていた建物に輸送用コンテナを一つひとつ積み上げて作られた、ベネズエラのカルチャーセンター。カフェやレコーディングスタジオ、イベントスペースなどが...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
カリフォルニア州パソロブレスのワイナリー「CASS」は、ちょっと変わったワインツーリズムで有名に。船舶搬送用の古くなった輸送コンテナをつなぎ合わせてスタン...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
おしゃれなコンテナハウスを、別荘や自分だけの趣味小屋用に作るーー。ちょっとやってみたくなるけど、ここまでできるのか!と驚かされる例を紹介。中古コンテナに必...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
ドイツ・ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」は、コンテナを積み上げて造られました。全64部屋で188つのベッドを用意。ギャラリーやスパなどが...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
〈Penco(ペンコ)〉の「ストレージコンテナー」です。デスク上の細々したものを収納するためのストレージ、いろいろありますが、コイツはとにかく安くて、かわ...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...