パカっと開くと家になるコンテナ。これスゴイ!

まずはこのGif動画を見てみましょう。

トレイラーに乗せて運搬すれば、どこにでも持っていけちゃうこのコンテナ。なんと54平米まで拡張するのだとか。内装も写真の通り、めちゃくちゃ広いです。

コレが拡張後の大広間。

右手はキッチンへの通路。

左手はバスルーム。

キッチンはIHとオーブンがあります。

バスルームは、シャワー・トイレ・ドラム式の洗濯機がセットに。

これが全体の見取り図。家具を置いてみても、十分なスペースがありそう。

ちなみに、コンテナのサイズや種類は豊富にあり、いろいろなシーンごとに使い分けが可能です。たとえば…

カフェになります。

素敵ですよね。

イベントスペースにも。

モバイルオフィスとして使ってもよさそう。以下の動画を見るかぎり、床を支える支柱を設置すれば、ベランダを増設することもできそうです。

さらに…

コンテナ同士の組み合わせも
自由自在!

気になるのは動力源ですが、メスの3ピンソケットが設置されているため、15アンペアのコードを接続すれば電力を供給できます。あとは、外の水道からホースで水を汲めばライフラインは確保。将来的にはソーラーパワーなどで発電できる「Eco EBS Block」も考案中とのこと。

残念ながら価格は公開されていませんが、オーストラリアに拠点のある企業のようで、どの国からも注文可能なのだそう。緊急時用の簡易住宅や、別宅としてもちょうどいいかも!?

Licensed material used with permission by EBS Block
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
大阪のセレクトショップ「Silver and Gold」のオリジナルブランド「SGGM」と「SUBTLE authentic」を紹介。