外と中のギャップがいい
ドイツの「コンテナホステル」

バルト海沿岸にある保養地ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」。同じような四角が積み並んだ姿から容易に想像できるのですが、コンテナを再利用して造られています。で、この内観がもとの材料からは予想できないくらい、かわいいんです。

共有スペースから部屋の中までさまざまな色が効果的に使われ、どこかポップさも感じさせます。この外と中のギャップがイイ。

一方で、コンテナがイメージさせるスチールやコンクリートなど、インダストリアルな要素も取り入れられています。

全64部屋で188つのベッドを用意。コンテナを利用したホステルにしては大規模。ギャラリーやスパなどのサービスも充実しているから、ホステルというよりはホテルに滞在したときのような満足度があるはず。現に、ドイツ観光局の「German Tourism Prize」の受賞歴もあります。

「いつか行ってみたい!」と惹きつけられるコンテナ建築のひとつです。

Reference: Kinzo, AIRTH, DOCK INN
Top image: © Max Schroeder and Sebastian Doerken, Kinzo (kinzo-berlin.de)
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。