外と中のギャップがいい
ドイツの「コンテナホステル」

バルト海沿岸にある保養地ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」。同じような四角が積み並んだ姿から容易に想像できるのですが、コンテナを再利用して造られています。で、この内観がもとの材料からは予想できないくらい、かわいいんです。

共有スペースから部屋の中までさまざまな色が効果的に使われ、どこかポップさも感じさせます。この外と中のギャップがイイ。

一方で、コンテナがイメージさせるスチールやコンクリートなど、インダストリアルな要素も取り入れられています。

全64部屋で188つのベッドを用意。コンテナを利用したホステルにしては大規模。ギャラリーやスパなどのサービスも充実しているから、ホステルというよりはホテルに滞在したときのような満足度があるはず。現に、ドイツ観光局の「German Tourism Prize」の受賞歴もあります。

「いつか行ってみたい!」と惹きつけられるコンテナ建築のひとつです。

Reference: Kinzo, AIRTH, DOCK INN
Top image: © Max Schroeder and Sebastian Doerken, Kinzo (kinzo-berlin.de)
他の記事を見る
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。