「Googleには来てほしくない」ベルリンで反ジェントリフィケーション運動

ベルリンのクロイツベルグ地区ではスタートアップ企業の支援機関Googleキャンパスの建設に対して反対運動が行われています。

理由はGoogleが来ることで裕福な人々が流入し、地価の上昇が見込まれるため。これは一般にジェントリフィケーションと呼ばれる現象で、日本国内でも東京や大阪の都市部でも起こっています。

実はベルリンは地価上昇率がもっとも高い都市のひとつ。2016年〜2017年の1年間で約20%も上昇しています。

上がり続ける地価にクロイツベルクの住民たちは黙ってはいません。

以前、クロイツベルグ地区にあるパン屋が「不動産オーナーに家賃を上げられ、立ち退きを迫られている」と住民らが聞くと抗議を起こし、オーナーに値上げを諦めさせた実績があります。

現在、Googleに対して地区にある3つ(3つもあるのが驚きですが)の反ジェントリフィケーション団体が連携して反対運動を行っています。

反ジェントリフィケーション団体Bizim Kiezのメンバーの1人Konstantin Sergiou氏は「スタートアップ企業の従業員に対して反対しているわけではなくてGoogleのような大企業が来て、地域を変えてしまうことに反対しているんだ」とHuck Magazineに語っています。

Googleキャンパスの建設はこの夏の終わりを予定されています。

©Alexander Durie
©Alexander Durie
Licensed material used with permission by Alexander Durie, instagram
Top image: © Alexander Durie
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...