独のクラブイベント「STAUB」が
アーティストを発表しないワケ

ドイツ・ベルリンで、毎月最終土曜日に開催されるテクノイベント「STAUB」。事前予約サービスを廃止していて、みんなが同じ料金を払うのをルールとしています。

主催者であるIrakliさんは、コンセプトを「テクノコミュニズム」と表現。“あえて”言葉を選んでいるのでしょうが、みんなで創りあげるイベントだと思っておけばOKです。

とまあ、概要説明が長くなりましたが、「STAUB」は事前に出演アーティストのラインナップを発表しません。DJとも、ここで回すことをイベントの前後2週間は言わないようにするという契約を結びます。

理由は単純で、参加者に音楽を楽しんでほしいから。イベントの名前だけで足を運ぶ人を規制したいみたいです。

「5万人の前で回しても、だいたい90%は音楽を気にしないだろうね。彼らがいる理由は、イベントが有名で、スーパースターが来ているからだ。でも、僕たちは音楽こそが大切なんだ」とIrakliさん。

「STAUB」は純粋に音楽を楽しむコア向けだぞ。そんな声が聞こえてくるような気がします。

Top image: © iStock.com/ansonmiao
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
渋谷・宇田川町のクラブ「CLUB TK SHIBUYA」に潜入して、スナップ&セルフィー企画を実施。外が寒くても、クラブ内はとってもアツい。そのバイブスを...
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
TABI LABOのセルフィー&スナップ企画「club snap」。今回は渋谷・宇田川町にあるクラブ「CLUB TK SHIBUYA」で撮影を実施してきました。
JFLに所属する奈良クラブのスタジアムグルメがスゴイんです。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で灼熱の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ! プライベートに迫るアンケートも実施!
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
「Mostoles Balompie」というスペインのサッカークラブが「Flat Earth FC」に改名しました。日本語にすれば、「地球平面FC」ってと...
WEBサイトは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
去る1月18日、イギリス政府はクラブやバー、パブ、ライブハウスの存続をサポートするために、ある声明を発表しました。その背景には「ユニークなイギリス文化を守...
週末の渋谷・円山町のクラブ「WOMB」には、お遊び上手なオンナの子たちがたくさん集まっていました。フロアで楽しそうに踊っている時に声をかけて、iPhone...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
つい先日、ドイツ・ザクセン州のオストリッツでネオナチの音楽フェスが開催。市民たちはお酒を飲ませないようにスーパーなどからビールを買い占めました。