これぞ、パーティー・シティ。ベルリンがメーデーで見せる「らしさ」

ここで紹介したいのは、メーデー(May Day/5月1日)という祝日について。

国や地域によって様々な意味合いを持つが、ヨーロッパにおいては夏の訪れを祝うために盛大な祭典が催される日。別名、レイバー・デー(Labour Day)とも呼ばれ、労働者が権利を要求するためにデモ行進や集会を行う「労働者の日」でもある。

労働者の日としての起源はアメリカにあるが、ベルリンでは左翼、極右といった対立団体による政治的、人権的な訴えを主としたデモや集会が行われ、お決まりのように警察との激しい衝突や暴動が起きるため名物にまでなっている。

4712713028632576

デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。

90年代よりマリアンネン広場を中心に開催されてきた伝統的なフェスティバルは、2003年より「Myfest」と称したストリート・フェスティバルとして開催されるようになり、クロイツベルク地区全体がフェス会場と化すようになった。

公園や広場には本格的なステージが、歩行者天国となった道路にはDJブースが設置され、爆音で流れる音楽とともに踊り狂う群衆で埋め尽くされる。

その光景はまるで未だ語り継がれる伝説のレイヴ・パーティー「ラブ・パレード(LOVE PARADE)」を彷彿させる。音が鳴っていれば、それが道路だろうが駅だろうが、たとえ電車の中だろうがどこでも踊りだすのがベルリナーであり、その一体感とクレイジーな盛り上がりこそがベルリンを象徴しているのである。

583861293547520052756629820538885992036683481088

Club der Visionaere(通称ヴィジョネア、またはcdv)やHoppetosse、Arena Clubをはじめとするベルリン有数のローカルクラブが立ち並ぶエリアのすぐそばの公園Schlesischer busch(シュレージィッシャー ・ブッシュ)内で開催されていたパーティーの数と集客は尋常でなかった。

普段は豊かな森林の中でBBQやピクニックを楽しむ場所であるが、この日はハードテクノやミニマル、オールドスクール・ディスコ、トランスなど小規模ながらも多くのDJブースが登場し、中には人が集まりすぎてDJの頭さえ見えないパーティーもあった。

54827491251978246497516216385536

普段はライブイベントも行なわれているIt’s BARというシックなバーでは、日本人女性DJ、AnriをはじめとしたベルリンのローカルDJたちによるパーティーが開催されていた。

店内の窓際にブースを設置し、外にいるオーディエンスに向けてプレイするというユニークなスタイル。店先には何と3,000人以上もの人集りができるほどの盛況っぷりで夜になっても全く人の減る気配がなかった。

並びのホステルでさえ、全開にした窓にスピーカーをいくつも設置。日本では絶対にあり得ない光景が見れるのもベルリンのメーデーならではだ。

547236657863065652243605707816966534886189957120

しかし、今年はメイン会場の一つであるGörlitzer Park(ゲルリッツァー・パーク)で入場が規制されるという前代未聞の事態に。クレイジーの一途を辿るかのように思えたベルリンのメーデーだが、逆に商業化されてきているという事実も伝えておきたい。

観光客も多く、子どもも楽しめるストリート・フェスティバルであることは非常に良いことだが、未知の可能性を感じさせてくれるどこまでもディープなパーティーはやはり週末の一部の場所でしか味わえない特別なものなのかもしれない。

Photo by Kana Miyazawa
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
ホームページは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
ベルリンの市場をたずねると、必ずと言っていいほど店を構えているのが「カリーブルスト」のスタンドです。スタンドの前に立って声をかければ、店主から「皮なし?」...
ドイツのティッセンクルップ社が開発したエレベーターは、ワイヤーの代わりに電磁石を利用し、上下だけでなく左右にも移動可能。ベルリンに建設される「イーストサイ...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
2016年4月7日、指揮者・小澤征爾に、世界最高峰のオーケストラであるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団から「名誉団員」の称号が贈られました。日本人初の快...
就職活動の良し悪しについては、さまざまな意見がある。リクルートスーツしかり、情報解禁日に一斉に活動をスタートすることしかり、双方に便利な点も多いからこの形...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
ドイツはベルリンの〈BAGJACK(バッグジャック)〉のCEO直々に特注して作ってもらったモデルです。頑丈で考え抜かれたパーツや仕様は語りつくせない魅力が...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...