つい、くつろぎすぎちゃう。お菓子だらけのホステル(福岡)

がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。

でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」なんていかがでしょうか。福岡にある「TRIP POD FUKUOKA」のコンセプトはそのまま、

お菓子を食べながらくつろぐホステル

……気になります。

夢のような
「お菓子だらけのホステル」

90df42cbe624a82c462da49660a97463702ee6f3Fd0b75a7f1b623ce9a8438c20763ffc85db98dcf

エントランスを抜けると、目の前に広がるのは、お菓子の空間。

懐かしい駄菓子、日本限定のお菓子、ご当地お菓子、ここでしか手に入らないオリジナルのお菓子。このお菓子処は無料で利用でき、利用時間は10:00〜24:00と、まさに夢のようです。

みんなでおしゃべりしながら食べるのもいいし、ひとりでゆっくりお菓子タイムもいい。それぞれが、心ゆくまでお菓子を堪能できる、そんなホステルです。

0472cb4a8bee585c0b01cd8179d5332b274b9c347c1f59520779341b99f362018328e71928204b0d

お休み処は
意外なほど充実

68c9f13c0b983df8339d4a676810e5fa08bd58cc

ベッドは、ドミトリースタイル。

男女関係なく家族やカップルでも利用できる「スタンダード フロア」と、女子会などでも利用できる「女性専用フロア」の2種類で、ベッド数は全部で60もあります。

ベッドには、ライト、プライベートカーテン、ハンガー、インターネット接続、専用コンセント、貴重品ボックスもあり、意外にも充実の設備。

シャワーブースは、全5室で男女共用。パウダールームや大容量のロッカーも完備されているので、館内は手ぶらでゆったりくつろげるそうです。

9512e605f5edcfcc9fb2eb912e088fde48dcdeb2Cbdf1ed8dfd948461b5f5b41c8d9286aeddee353D2d1e28a5b7c5264e764947ef273920bf88e452d

滞在期間中は、無料でトリップ・コンシェルジュサービスを利用できるIoTデバイス「TRIP PHONE」が使えます。レストランの紹介やタクシーの予約はもちろん、翻訳機能やテザリング機能もついているので、海外の人にも喜ばれそうです。

チェックインはスマートチェックイン機で済ませるので、なんだか空港にいるみたいな感じも面白いポイント。

料金は、3,300円(税抜)/人 ~と手頃で、備え付けのシャンプー、リンス、ボディソープは無料だし、歯ブラシ¥50、バスタオル¥150ほどなので、急なお泊まりでも大丈夫。

懐かしいお菓子が勢揃いしている空間でくつろぎながら、昔にタイムスリップした感覚を味わってみたいところです。

TRIP POD FUKUOKA

住所:福岡県福岡市中央区今泉1丁目13-30 jojiビル2.3階
料金:
スタンダードフロア :3,300円(税抜)/人 ~
女性専用フロア :3,300円(税抜)/人 ~
(※土日祝前日などは変動する場合あり)

Licensed material used with permission by TRIP POD FUKUOKA
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...