福岡で「はしご酒」するなら、こんなルート。ちなみに予算は5,000円

福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。

じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒プラン」を考えてみました。

福岡生まれ、福岡育ち、福岡の夜を数百回は飲み歩いてきたというスタッフがセレクトした「古典回帰プラン」。ぜひお試しあれ。

今日は
薬院駅あたりで、いざ。

最近では、うどんや焼き鳥といった昔ながらのジャンルも熱い福岡。
新旧さまざまなお店が盛り上がりをみせています。

1軒目
ブレイク寸前、福岡やきとり
【サンバ】

[予算 3,000円]

福岡にある、独特の焼き鳥カルチャーはご存知でしょうか。それを味わいたいなら、1軒目はサンバへ。

豚バラや突き出しのキャベツといった福岡スタンダードはもちろんですが、ここでは「鶏皮」を楽しみたいところ。一般にイメージされる大ぶりで柔らかな皮ではなく、何度も重ね焼かれた皮は、表面カリカリ、中はモチモチの食感。

そして、このスタイルの皮はひとりで5本以上オーダーするのがスタンダード。テーブル席からは「皮20本!」なんて声が飛んできます。病みつきというより、自然と手が伸びる…そんな鶏皮です。

2軒目
行かずに死ねるか、うどん居酒屋
【ウエスト 薬院店】

@kyoichiro_yamadaがシェアした投稿 -

[予算 1,500円]

最近は東京にも進出している「うどん居酒屋」。本場福岡でも幅広い世代に愛されています。選択肢はたくさんありますが、今回は予算5,000円というしばりもあるので、僕なりのベストが、このお店。

地元チェーンの「うどんウエスト」薬院店。特徴的なのは、おつまみ200円から選べる充実した居酒屋メニュー。うどん用の材料を使った「肉豆腐」や「かき揚げ」など、ウエストならではの食材が、最高のおつまみに変身。

もちろん、枝豆などの定番もありますし、シメにうどんを食べるも良し。

3軒目
深夜に語り合うのはバーでなく。
【REC COFFEE 薬院駅前店】

[予算500円]

福岡は、コーヒー偏差値がとても高い街のひとつです。世界大会で活躍したバリスタがいたり、サードウェーブなんて言葉が生まれるずっと前からスペシャリティコーヒーの買い付けをしている人がいたり、最近では毎月新しいコーヒーショップがオープンしていたり。

そんな福岡では、みんな夜にもコーヒーを飲みに行くので「営業時間の長いコーヒーショップ」は嬉しい存在です。

この「REC COFFEE」薬院駅前店の営業時間は、深夜1時 or 2時まで(!)

夜な夜な「話し足らん!」な若者たちで賑わいます。そしてここのコーヒーがまたおいしくて…。

飲み会の、いや、おしゃべり好きの“終着駅”にいかがでしょうか。

〜 今宵の3件 〜

1軒目「サンバ」
住所:福岡県福岡市中央区薬院4-18-9 サンセーヌ浄水 1F
アクセス:地下鉄薬院大通駅より徒歩3分
電話番号:092-524-9201
営業時間:17:00~25:00
定休日:日曜日

2軒目「うどんウエスト薬院店」
住所:福岡県福岡市中央区薬院3-16-26
アクセス:地下鉄薬院大通より徒歩2〜3分
電話番号:042-973-7000
営業時間:24時間営業

3軒目「REC COFFEE 薬院駅前店」
住所:福岡県福岡市中央区白金1-1-26-1F
アクセス:西鉄大牟田線薬院駅より徒歩2分
電話番号:092-524-2280
営業時間:月〜木 8:00〜25:00、金 8:00〜26:00、土 10:00〜26:00、日祝 10:30〜25:00

Licensed material used with permission by osakamen, kyoichiro_yamada, tthr1230, a_brooklyn1984
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発...
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...