毎年秋になると即完売!「九州産オリーブ」人気の理由

パスタやカルパッチョ、アヒージョなど、イタリアンやスペイン料理に使われることが多いオリーブオイル。各国の料理に頻用されていることからわかるように、オリーブの産地は、地中海沿岸が中心ですが、最近では日本の小豆島産も人気ですよね。
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。

ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発売と同時に即完売しているそうですよ!

どうして今、九州でオリーブ?

荒尾 (03)

オリーブ栽培に適した気温は、平均気温16℃~23℃といわれています。そんな気候条件をクリアするのが、温暖な環境の九州。今この地では、地域活性の起爆剤として、オリーブに関する事業を展開中です。地域的にも、佐賀県伊万里市や鹿児島県霧島市、大分県大分市など、その輪が九州内でどんどん拡がっているそう

即完売するオリーブとは?

5000年以上も前から地中海沿岸で栽培されてきたオリーブ。
九州での生産の歴史は浅いものの、秋に収穫される九州産オリーブで作った加工品は、予約販売を開始すると毎年、即完売状態に!

仕掛け人は、「九州発のオリーブで日本を元気にしたい」と、オリーブ事業を展開する福岡市の団体「オリーブジャパン」。
同団体によると、なかでも人気なのはエキストラバージンオリーブオイル(4,320円/税込)や、青い実を塩水漬けにしたオリーブ新漬け(1袋 648円/税込)。
olive-made-in-kyushu15060307-07-01

毎年10~11月頃「オリーブジャパン」の通販サイトで予約販売しています。

九州オリーブが人気の理由

4146164144

一体どうして、九州のオリーブはこんなに人気なのでしょうか。「オリーブジャパン」の中山芳美さんに聞きました。

「九州産100%のオリーブオイルは、果実を収穫後24時間以内に搾っていて、鮮度にとことんこだわっています。生産者の顔が見えるうえ、搾油工程でも何も足さない、何も引かない正真正銘のエクストラバージンオイルだからだと思います」

安心・安全な食材を求めるニーズに応えていることが、人気の秘密なのかもしれませんね。
また、前述の「オリーブ新漬」を加工品も人気です。

「オリーブを渋抜きし、保存料は不使用。塩水だけで仕上げたシンプルな味わいです。それだけに賞味期限が短いのですが、一度口にするとやみつきになりますよ」

ん〜、素材のをそのまま生かした美味しさ、ぜひ味わってみたいものです。まだまだ希少な九州産のオリーブは、生産量が少ないだけに、オイルや塩水漬けの数には限りがあるそう。新鮮で高品質の九州オリーブ、今年の秋こそはリザーブを!


Licensed material used with permission by _一般社団法人九州オリーブ普及協会

アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルのワークショップを開催します。