コーヒーそのものを「イベント」に変えるコンテナ

仕事の合間にちょっとコーヒーブレイク。そんなときに、コーヒーを淹れる道具は何を使いますか?

コーヒーメーカー派の人もきっと使いたくなる、「人が集まる」ドリッパーセットが登場です。

自然と人が集まる場所になる

5797263037169664

この「SAMANÁ」は、コーヒー豆栽培農家の道具にインスパイアされてできた、木製コンテナ。コーヒー豆を収穫したあと、選別するときに使われる作業箱をイメージして作られたもの。

コーヒー産地のひとつメキシコでは、こうしたコンテナのまわりに集まって、飲み物を手に休憩する習慣があるのだとか。農園だけでなく、家庭でもこうしたツールを使ってコーヒーでつながるコミュニケーションを大切にしてほしい、そんな願いが込められていました。

所作に目がいく
おいしい一服のための道具箱

54096073420963845771387469824000

コーヒーを淹れるための道具はすべてコンテナーのなか。一式収納できます。フタを閉めればちょっとしたテーブルに。その上でコーヒーをドリップできるようにちょうど使いやすい高さになっているのも、もちろん計算のうえ。

コーヒーを淹れる時間が
つながりを生む

5294466785083392

誰かのために準備をして、丁寧に淹れる一杯。その間もにコーヒーの香りで人が集まり、会話を楽しみながら、ドリップが終わるのをゆっくり待つ。

お茶を立てるように、ゆっくりとおもてなしをする空間を作ってくれる「SAMANÁ」。コーヒーブレイクの新たな形が生まれそうです。

Licensed material used with permission by José Bermúdez Studio
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
シアトル、メルボルン、イーストロンドン、世界のコーヒータウンで活躍するバリスタたちが、わざわざ日本から輸入するコーヒードリッパーがあります。創業1921年...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...