コーヒーそのものを「イベント」に変えるコンテナ

仕事の合間にちょっとコーヒーブレイク。そんなときに、コーヒーを淹れる道具は何を使いますか?

コーヒーメーカー派の人もきっと使いたくなる、「人が集まる」ドリッパーセットが登場です。

自然と人が集まる場所になる

この「SAMANÁ」は、コーヒー豆栽培農家の道具にインスパイアされてできた、木製コンテナ。コーヒー豆を収穫したあと、選別するときに使われる作業箱をイメージして作られたもの。

コーヒー産地のひとつメキシコでは、こうしたコンテナのまわりに集まって、飲み物を手に休憩する習慣があるのだとか。農園だけでなく、家庭でもこうしたツールを使ってコーヒーでつながるコミュニケーションを大切にしてほしい、そんな願いが込められていました。

所作に目がいく
おいしい一服のための道具箱

コーヒーを淹れるための道具はすべてコンテナーのなか。一式収納できます。フタを閉めればちょっとしたテーブルに。その上でコーヒーをドリップできるようにちょうど使いやすい高さになっているのも、もちろん計算のうえ。

コーヒーを淹れる時間が
つながりを生む

誰かのために準備をして、丁寧に淹れる一杯。その間もにコーヒーの香りで人が集まり、会話を楽しみながら、ドリップが終わるのをゆっくり待つ。

お茶を立てるように、ゆっくりとおもてなしをする空間を作ってくれる「SAMANÁ」。コーヒーブレイクの新たな形が生まれそうです。

Licensed material used with permission by José Bermúdez Studio
「ドリルドリッパー DRILL DRIPPER」は、付属のアタッチメントを交換し、コーヒーを淹れる時のドリップの速度を変えられるドリッパー。その日の気分で...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コスパよし、サイズよし、見た目よしIKEA「テーブル&チェア」。天然アカシアの無垢材とスチールの脚を組み合わせただけの「TÄRNÖ(テルノー)折りたたみテ...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあるなかで、一歩抜きん出た機能を持ったのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
1954年以来、半世紀以上にわたって名古屋のシンボルとして愛され続けてきたテレビ塔が、「THE TOWER HOTEL NAGOYA」として生まれ変わる。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
「資生堂」は、高い技術と経験をもつ同社所属のヘアメイクアップアーティストの美的感性と、長年培ってきた研究知見をもとに「男性版顔立ちマップ」を開発。マップを...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...