見た目ほとんど「砂時計」

豆を漉すだけなのに、コーヒードリッパーというものはナゼに化学実験道具のような複雑なメカニズム風情なのでしょう。ま、あれはあれで格好もいいのですが、デイリーのイメージはさっぱり。

そこへ行くと、この「ATMOS」はいたってシンプル。というか砂時計?

シンプルゆえに美しい

ATMOSを構成するのは、2つのボトルとステンレスで作られた濾過装置。ご覧の通り部品も少なく、これなら組み立てに戸惑うこともなさそう。

どうやら使い方もいたってシンプルのようです。

ろ過装置にフィルターを設置したらコーヒー豆を入れる。次にボトルの片方にお湯(もしくは水)を雪、ろ過装置を取り付ける。ステンレスの上部に空のボトルを装着したら、あとは砂時計の要領でひっくり返すだけ。空っぽのボトルにポトポトとコーヒーがドリップされてくるという仕組みです。

ドリップされたコーヒーはそのまま瓶内保存もできるし、砂時計を眺めるように出来上がりを待つのも楽しいひとときに違いありません。

ATMOSの抽出方法は、コーヒー豆が水に浸かる従来の浸漬醸造酒に比べて、より繊細で豊かなフレーバーを楽しむことができるのが特徴です。

さらに、少ないコーヒー豆から抽出することができるので、経済的にもお得なのが嬉しいポイント。

持ち運びもしやすく、スリムなボディ、場所もとらないのもメリットです。Indiegogoでの資金調達にも成功。1万5000円ちょっとでフルセットが手に入るようだから、市販されたら人気に火がついてもおかしくないんじゃないかな。

Licensed material used with permission by ATMOS Coffee
「ドリルドリッパー DRILL DRIPPER」は、付属のアタッチメントを交換し、コーヒーを淹れる時のドリップの速度を変えられるドリッパー。その日の気分で...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
自転車乗りってコーヒー好きが結構多いんですよね。“こだわると深い”みたいなところが、似ているんでしょうか。僕もその一人です。自転車でコーヒーショップを回っ...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
シアトル、メルボルン、イーストロンドン、世界のコーヒータウンで活躍するバリスタたちが、わざわざ日本から輸入するコーヒードリッパーがあります。創業1921年...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
マッサージ+ストレッチ+運動、3つの機能をすべてひとつにしたマッサージアイテム「バランスアップ」が、年末年始にたまった身体をコリを吹き飛ばす!?
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
「バーガーキング」は今年から、すでに支援していた男子チームと同じ条件、同じレベルで「スティーブニッジFCウィメンズ」も後押しすることを決定。手始めに「バー...
お気に入りの豆を使って、淹れたてのコーヒーをどこでも、気軽に味わえたらいいのに…。と思っているコーヒー好きの皆さんに朗報です。どこにでも持ち歩けるコーヒー...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...