見た目ほとんど「砂時計」

豆を漉すだけなのに、コーヒードリッパーというものはナゼに化学実験道具のような複雑なメカニズム風情なのでしょう。ま、あれはあれで格好もいいのですが、デイリーのイメージはさっぱり。

そこへ行くと、この「ATMOS」はいたってシンプル。というか砂時計?

シンプルゆえに美しい

9442bad496cd365c7c65977214429c34d37c6831

ATMOSを構成するのは、2つのボトルとステンレスで作られた濾過装置。ご覧の通り部品も少なく、これなら組み立てに戸惑うこともなさそう。

664971727444377673a489d567ef2b1fb4145da5d33ed148c5ea07e2

どうやら使い方もいたってシンプルのようです。

ろ過装置にフィルターを設置したらコーヒー豆を入れる。次にボトルの片方にお湯(もしくは水)を雪、ろ過装置を取り付ける。ステンレスの上部に空のボトルを装着したら、あとは砂時計の要領でひっくり返すだけ。空っぽのボトルにポトポトとコーヒーがドリップされてくるという仕組みです。

A2dca1d528dece8d33d4a227c8702dd2977fe51c

ドリップされたコーヒーはそのまま瓶内保存もできるし、砂時計を眺めるように出来上がりを待つのも楽しいひとときに違いありません。

93148be0d75fee7c2d855b70daaaa769673cada19509c1ee2d2d9b5aa24414cbc9e48c12d1ed458f

ATMOSの抽出方法は、コーヒー豆が水に浸かる従来の浸漬醸造酒に比べて、より繊細で豊かなフレーバーを楽しむことができるのが特徴です。

さらに、少ないコーヒー豆から抽出することができるので、経済的にもお得なのが嬉しいポイント。

36f5c4c0b79da61c9b302f2ec8d72bf7d830dc004167e417cdde6f6ff5b05dfcfe77579572c94c33

持ち運びもしやすく、スリムなボディ、場所もとらないのもメリットです。Indiegogoでの資金調達にも成功。1万5000円ちょっとでフルセットが手に入るようだから、市販されたら人気に火がついてもおかしくないんじゃないかな。

Licensed material used with permission by ATMOS Coffee
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
自転車乗りってコーヒー好きが結構多いんですよね。“こだわると深い”みたいなところが、似ているんでしょうか。僕もその一人です。自転車でコーヒーショップを回っ...
シアトル、メルボルン、イーストロンドン、世界のコーヒータウンで活躍するバリスタたちが、わざわざ日本から輸入するコーヒードリッパーがあります。創業1921年...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
お気に入りの豆を使って、淹れたてのコーヒーをどこでも、気軽に味わえたらいいのに…。と思っているコーヒー好きの皆さんに朗報です。どこにでも持ち歩けるコーヒー...
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
日本人にとって緑茶は「急須で淹れるもの」という感覚が強い。だから、このドリップ方法はまさに目から鱗でしょう?
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...