携帯しやすい「コーヒードリッパー」は、自転車乗りにオススメ。

自転車乗りってコーヒー好きが結構多いんですよね。“こだわると深い”みたいなところが、似ているんでしょうか。僕もその一人です。自転車でコーヒーショップを回ったり、道具を一式持って、アウトドアでコーヒーをいれることもあります。

そんな時に使っているのが、〈MUNIEQ(ミュニーク)〉というブランドのコーヒードリッパーです。

もともとこのドリッパーが、アウトドアや旅先での使用を想定して作られているため、バラしてポケットに入るサイズに。携帯性は抜群です。組み立ても簡単だし、カップの上での安定性も高い。上手にドリップできて、美味しいコーヒーが楽しめます。これらを兼ね備えたアウトドア用のドリッパーって、なかなかないんですよ。

同じシリーズで、プラスティック製もあるんですが、僕はメタルの質感が気に入っています。レザーの専用ケースにも合いますね。

石川望/編集者・フォトグラファー
守備範囲は、自転車、カメラ、写真、さらにコーヒーも。最近では撮影に関するワークショップなどにも協力。写真はコチラにちょくちょくアップしています。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
お気に入りの豆を使って、淹れたてのコーヒーをどこでも、気軽に味わえたらいいのに…。と思っているコーヒー好きの皆さんに朗報です。どこにでも持ち歩けるコーヒー...
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...