サイクリストの悩みを「3つ解決」するサドル。

ブルックリンのクリエイター集団がデザインしたサドル「SEATY LOCK(シーティーロック)」です。

このサドルは取り外して、そのまま自転車用ロックとして使うことができます。かかる時間はわずか約10秒。工具も不要です。

説明するとこれだけなんですが「サドルが強固なロックを兼ねる」というこのアイデアは、サイクリストにとって画期的です。

まず第一に堅牢性です。

この〈シーティーロック〉はミルスペックレベルの素材を使い、ボルトカッターでもなかなか切れないほど。盗難防止はすべての自転車乗りの関心事ですから。

第二にサドルの盗難防止も兼ねている点が挙げられます。

結構サドルだけを盗られてしまうというケースもあるんですが、これはサドル自体がロックになっているので、自転車とサドル両方の盗難防止になっているわけです。

そして最後は自転車用ロックを持ち歩く必要がないこと。

強固なロックはそれだけ重量もあったりするので、これは楽です。

一石三鳥の〈シーティーロック〉。

ここではブラックをチョイスしましたが、カラバリも豊富ですよ。

青木孝哲/株式会社自転車創業 COO
遊休スペースを活用した駐輪場「PEDALRest」や自転車WEBメディア「FRAME」を運営する会社のCOO。通勤はロードバイクで15km、都内の移動はシェアサイクル、近所の移動はミニベロと、移動はもっぱら自転車。

Photo by 石川望

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
Tinderの新しい使い方の紹介です。タイプの女性や男性に出会うだけでなく、あなたが抱える悩みをカンタンに解決できるかもしれません。
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
〈W&P DESIGN〉の「CARRY ON COCKTAIL KIT」は本来飛行機内で楽しむものですが、BBQや家飲み用にももってこい。洒落たデザインは...
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決ま...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
夜道を走る自転車って、結構危ないですよね。サイクリストもドライバーも、お互いドキッとするような怖い思いをした経験が少なくないはず。とくにドライバーから見る...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。