シティサイクル用「ヘルメット」。厚さ約12cmにたためる!

自転車用のヘルメットはいろいろありますが、スポーツサイクルを想定したものがほとんどです。それはそれでカッコイイんですが、シティサイクルを中心に考えると、少しスポーティーすぎるモノばっかりだな〜と思うところも。

そこで僕がチョイスしたのは、スペインの〈CLOSCA〉というブランドが作ったへルメット「FUGA」です。

ユニセックスで使えるスマートな外見もいいんですが、真骨頂はモバイル性にあります。

本体をポコポコと畳むと厚さが約12cmに。僕はそんなに大きなバッグを持ち歩かないんですが、これなら無理なく収納できます。重さも約230gと軽量です。

“ヘルメットの必要性を感じつつ、手軽なモノがなくてかぶってなかった……”なんて人や、駐輪場でヘルメットを引っ掛けておくのに抵抗がある人にも、オススメしたいですね。

青木孝哲/株式会社自転車創業 COO
遊休スペースを活用した駐輪場「PEDALRest」や自転車WEBメディア「FRAME」を運営する会社のCOO。通勤はロードバイクで15km、都内の移動はシェアサイクル、近所の移動はミニベロと、移動はもっぱら自転車。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
少し前からよく耳にするようになった言葉「ダイバーシティ」。この記事では、ダイバーシティの意味や今日本でダイバーシティが必要とされている理由をご紹介。
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
非常食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法を意味する「ローリングストック」。この記事では企業のローリングストッ...
7月19日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Lumos Ultra」は、方向指示器が搭載されている自...
欧米で数々の賞を受賞した革新的な自転車用ヘルメット「Lumos helmet」が日本で販売を開始する。
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
最近よく見かける、片方だけ長い野球のヘルメット「Cフラップ」に迫ります。
半永久的に使えるハイエンドボトル「比類なき水筒」が、応援購入サービス「Makuake」で9月29日まで販売中。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさ...
首を捻ることなく360度の視界をライダーにもたらす「クロスヘルメットX1」はバイクの近未来的な乗車体験を提供するヘルメット。「Makuake」で先行予約受付中。
オーストラリアが国を挙げて、人々の寄付を募っている。新しく鋳造された1ドルコインは「Donation Dollar」と名付けられ、政府が慈善寄付を促進している。
大切な家族の一員である犬や猫を、食と住でサポート!
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
スペインの自治州エストレマドゥーラ州に2023年、スマートシティ「Elysium City」が誕生予定。1200ヘクタール(東京ドーム256個分)という広...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。