『GO OUT』編集長・竹下充がパパ目線で薦める、大人クオリティのヘッドギア

人にもモノにもストーリーがある。逆に言えば、ストーリーがないモノに僕らは惹かれない。
そんなストリート世代特有の価値基準はパパになっても健在。どんな時代でも軽やかに柔軟にマイウェイを貫いてきた、ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズを紹介します。

題して「DADTOOLS」。

実用性とうんちくのハイブリッド。ママも必見、スタイルのあるパパたちのモノ選び。第6弾はアウトドア・ファッション誌『GO OUT』編集長の竹下充さんです。

©2019 BLAST13DEDICATION

お子さんが生後10か月から親子でキャンプを楽しんでいるという竹下さん。キャンプのほかにもスケートボードや自転車など、アクティブなライフスタイルを地でいくGO OUT編集長がオススメする育児グッズとは? これまたアクティブなこだわりギアでした。

スタイルと安全性を両立させる
bernのヘルメット

「独身時代からbernのヘルメットを愛用しています。息子が生まれチャリに乗せるようになってヘルメットを探していたところ、bernに子ども用があると知り、迷わず購入しました」。

bernは、2004年に米ボストンで誕生したヘルメットブランド。大きくて重いという従来のイメージを一掃したすっきりデザインは、まるでキャップをかぶるような感覚。ファッションやスタイルを重視する横乗り系ライダーたちから絶大な信頼を得ています。

見た目だけでなく、強度やフィッティング性へのこだわりも強いのが同ブランド。安全にフリーサイズはないという哲学のもと、細やかなサイズ展開を設定。そのフィロソフィーはKidsサイズにおいても変わりません(下は1歳から12歳まで、3タイプ展開)。

アウトドアシーンの中からファッション感覚で取り入れられるモノ選び。日頃の審美眼にパパ目線を加えたとき、竹下さんが選んだのは、納得感ある安全性に裏打ちされたbern(写真青のヘルメット)でした。

©2019 BLAST13DEDICATION
©2019 BLAST13DEDICATION

パパといっしょ!が効果テキメン

育児あるあるのひとつに“子どもがヘルメット着用を嫌がる”というのがあります。でも、竹下家はこれに当たりません。なぜなら、パパとおそろいだから。

パパが身につけているものと同じものを。そういう年頃ってありますよね。子どもが苦手なかぶりものもパパと一緒ならHAPPYに変わる。

「自転車で通勤するとき、大人でも大きな道路を走るのは怖い」。

自分の身は自分で守る。交通安全の模範はヘルメット姿のパパ。こうしたパパを見て男の子たちは学んでいく。昔もいまも、大切なことはなにひとつ変わっていないのかも。

「最近だとスケートパークでもノーヘルだと入れてくれないところも増えたし、スノーボーダーもヘルメットを着用するようになりましたよね」。

エクストリーム系スポーツに、自分の身を自己責任で守るという意識がちゃんと根付いてきたと竹下さんは見ています。

「僕らがまだ10代だった当時のノーヘルはかっこいい的な文化は、もう過去の話ですね(笑)」。

ファッショナブルなだけでもダメ。そこに機能が備わってはじめて、パパと息子がおそろいで使える竹下さん納得のギア、それがbernのヘルメットだったわけです。

©2019 BLAST13DEDICATION

bern NINO 9500円(税抜き)

横乗りスポーツなどのアクティビティに必要な安全性と、デザイン性を兼ね備えたボストン発のヘルメットブランド。日本人向けにアレンジされたジャパンフィットを採用したモデルも多数ラインナップし、年齢やシーンに合わせてチョイスできる。

Top image: © 2019 BLAST13DEDICATION
スタイルのあるパパたちオススメの家事・育児グッズ
tempra cycleオーナー小林健太さんの育児グッズ。ストリート世代パパ特有の遊びゴコロを感じます!
編集者、プロデューサーの引地海さんオススメの育児グッズはVitamix。子どもウケが抜群だそうです。
こんな抱っこ紐を待っていた!tempra cycleオーナー小林健太さんによる、ミリタリーテイストのベビーキャリア。
1990年代のスケートシーンを牽引したアレキサンダー・リー・チャンさん。抱っこ紐を着けたままでもスタイルがバッチリ決まるオススメのコートを紹介してくれました。
外遊び大好きなふたりの息子を連れて公園へ。編集者、プロデューサー引地海さんオススメの虫よけスプレーを紹介してもらいました。
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
モデルやMCとして活躍する佐藤研二さんがオススメする、旅にもデイリーユースにも活躍するベビーカーです。
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
たった1種類のパスタとワインで攻める究極の美食体験ができる渋谷のレストランOUT〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-14 VORT青山103htt...
ある兄妹のストーリーが話題となっています。兄の名はモハメッド、妹の名はノール。二人は、仲良く暮らしていました。しかし、ある土曜日の夜、モハメッドは妹のノー...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
かわいらしい小さな女の子に起きた想定外のハプニング。その一部始終をカメラが捉えていました。チャーミングな笑顔が急転直下、彼女を悲しみの底に突き落としたのは...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。