メガネライターが、最近バッグに入れているのは「ブルックリン発のジャパンメイド」。

メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決まったりします。

で、メガネライターという仕事柄、当然、普段からいろいろ使っていますが、最近バッグに入れているメガネとなると、近いところを見る“PC作業用”ですね。

普段、外出するときは遠くがよく見えるメガネをかけるんですが、最近はコワーキングスペースをはじめ、外出先で仕事をする機会が増えたため、近いものがよく見えるメガネを1本カバンに忍ばせています。

肝心のブランドは〈Activist Eyewear(アクティヴィスト アイウェア)〉。

NYはブルックリンの自転車好きが作ったブランドで、ピストバイクなどに乗った時にズレないようにと、テンプルが二股になっているのが最大の特徴です。

これが本当にズレてこない! 計4本のアームが頭を包み込むように支えるから、長時間かけていても疲れません。アクティブな自転車はもちろん、地味なPCでの作業にもピッタリなんです。

スタイル的にも、サーモントフレームでちゃんとトレンドをおさえています。ブルックリンでデザインはしているけれど、製造は日本で行われているっていうのもツボです。

レンズは近くが見えればいいので、あえて“度数を弱く”設定。ブルーライトカットと、手元が見やすくなるサポートレンズを入れています。自分的にはスタイルもスペックも備えた最強の1本ですね。

藤井たかの/メガネライター
東京在住のメガネライターです。「メガネ」はかれこれ15年以上書き続けているいちばんの得意ジャンル。オフィシャルサイトの最新インタビューでは「GLOBE SPECS」の岡田さんが登場中!

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
〈Zoff〉で売ってるクリーニングクロスです。美味しそうなパッケージにヤラれて購入した、いわゆるジャケ買いアイテムですが、なかなかのスグレモノ。
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
矯正器具でありながら、ファッションアイテムとしても愛用されるメガネの魅力はどこにあるのか?自らも外山氏のデザインしたメガネを愛用するTABILABO代表、...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
ブルックリンのクリエイター集団がデザインしたサドル「SEATY LOCK(シーティーロック)」は、サドルが強固なロックを兼ねるという画期的なアイデアを実現...
〈W&P DESIGN〉の「CARRY ON COCKTAIL KIT」は本来飛行機内で楽しむものですが、BBQや家飲み用にももってこい。洒落たデザインは...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
著名なミュージシャンやハリウッドスター、政治家を魅了し続ける 代官山にあるNY・ブルックリン発のバーバーサロンLUDLOW BLUNT〒150-0034 ...
ドイツはベルリンの〈BAGJACK(バッグジャック)〉のCEO直々に特注して作ってもらったモデルです。頑丈で考え抜かれたパーツや仕様は語りつくせない魅力が...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
ファッショングラスが、完全にスタイルに浸透している欧米。かたや日本では、まだまだトレンド感覚が拭いきれていない状況。だってほら、これくらいメガネがアイコン...
ブルックリン発のベーカリー「BAKED」の代表作は、ダークチョコレートを使ったブラウニー。フランス料理協会ベストデザート賞など数々の賞に輝くこの味を...