普通に見えて「スペシャル」。

クラウドファンディングサイト『Makuake』で、公開初日に目標金額を達成した〈ORIGAMIX(オリガミックス)〉のスリッポンを早速試し履き!

一見、フツーのスリッポンだが、まず手に取った瞬間に驚く。

軽い!

で履いてみると、やっぱり軽い。

その正体はアッパーの素材にある。紙を織って作ったという「和紙布(わしふ)」は、軽さに加えて、天然の消臭性を持ち、高い速乾性までを併せ持つ。写真では靴下を履いているが、本来は裸足で履いてこそ。

和紙といっても見た目はコットンキャンバス地だし、水にもめっぽう強い。水洗いも可能だ。

ダメ押しポイントは、ソールのカラバリ。

こういう機能素材のアイテムって、洒落心が置き去りになることもあるけど、このスリッポンには、ホワイトとブラックのソールがある。シンプルだからこそ、このバリエーションはとても重要だと思う。

夏の定番、裸足×スリッポン。〈ORIGAMIX〉ならスペシャルな履き心地が楽しめそう。

ちなみに写真はわかりやすくセパレートで見せてるけど、本来は左右ともに同じソールカラーなのでご注意を。

60335085185925125450205788897280

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
周囲のアウトドアフリークたちが話題にしまくってた〈YETINA(イエティナ)〉。完全オリジナルの特殊技術で生み出させる起毛した生地は、保温性が高く、蒸れに...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
「NichePhone-S」は、SIMフリーでNTTドコモとソフトバンクの3G回線に対応しているガラケーです。主な機能は、通話、SMS、録音機能、Wi-F...
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
ストラップ付きスポーツサンダルの〈Teva(テバ)〉が20年ぶりに名作「ALP(アルプ)」を復活。足首までホールドしてくれるストラップは、脱げにくく歩きや...
クリップの両端についたマグネットでモノを挟む、これ以上ないぐらいシンプルな機能の「Brunt Clip(ブラントクリップ)」。ただし、マグネットが強力です。
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
大正14年創業という老舗による自社ブランド。他のブラシを使ったことがないので、大きなことは言えませんが、幅広い繊維に対応できるように馬毛をミックスしていて...
メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決ま...
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
ブランドのなかでも最上級に位置されるスペックを誇る、つまりプロユースな「SUMMIT SERIES(サミットシリーズ)」からの一着。「GTX Pro Ja...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...