フットボールメーカーによるフォーマルなパンツ

スポーツメーカーによる街着の提案が珍しくなくなった昨今。それでも〈umbro(アンブロ)〉によるこのパンツには注目したい。

「Umditional Pants(アンディショナルパンツ)」と名付けられたこのパンツ、リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”と打ち出しているところに食指が動く。

まあ、オフィスでリフティングをすることはないのだけれど、椅子に座る、そこから立ち上がるという日常的な運動(?)とリフティングのそれは似ているはず。その快適さは推して知るべし、というわけだ。

すでにこのパンツは『Makuake』で目標金額を達成。プロジェクトページには、実際にモデルがパンツを着用してリフティングしている動画もある。それほど数は多くないが、まだ8月に商品が到着するコースなら申込み可能だ。

59571475903938565813719204364288

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
オーダーメイドのビジネスウェアを得意とする〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉。スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオー...
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
〈GRIP SWANY(グリップスワニー)〉の「GSP-45 GEAR SHORTS」。サプレックスを使用した素材感が軽やかな着心地を実現。
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の新作「CRASH」シリーズは、発色の良いカラーはそのままに、ブランドロゴまでをワントーンで統一。ビビッドでありながら主張...
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の「DANIEL2」は、ワッフル素材を使ったボクサーパンツ。ふわっとした肌触りのよさに加えて、動きやすさやフィット感も抜群...
オールシーズン履けるんだけれど、やっぱり夏が似合うと思う。〈KEEN(キーン)〉のUNEEKシリーズ。
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
ハーフパンツに合わせたり、涼しい夜はガバッとTシャツの上に着たり。
今年7月、渋谷・100BANCHのオープニングパーティーで出会った「ふんどし部」。迫りくる筋肉隆々のふんどし男に怯えながらも、彼らが何を目指しているのか気...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...