ヨーロッパでどれだけフットボール人気が高いかがわかる「三面記事」

絶対にトップニュースにはならない市井の人たちの悲喜交交……海外メディアの三面記事は、その国や地域の文化が垣間見えるところがおもしろい。

英ガーディアンによると、スウェーデン人のデビッド・リンドさん(39歳)が大好きなサッカークラブ、トッテナム・ホットスパーにちなみ、自分の名前を「トッテナム(tottenham)」に変えようと申請。が、税務庁(人口登録なども管轄)からストップがかかったそうだ。

リンドさんは同紙に対して「とても悲しい。スウェーデンには、奇妙な名前の人がたくさんいるのに。ポテトって名前の人までいるんです。もしかすると、税務庁の誰かがアーナセルのファンなのかもしれない」と皮肉たっぷりに語っている。

フットボールがいかにヨーロッパで人気があるかは、欧州リーグの中継を見ているだけでも伝わるが、スウェーデン人の男性がイギリスのクラブに夢中になっている(しかもマンチェスター・ユナイテッドやリバプールじゃなくて、スパーズ!)ということに驚く。

ところで、スウェーデンの国内リーグってそんなに人気ないのか?と思いきや同国では1982年〜2017年の間に「Bajan」(ストックホルムのハンマルビーIFのニックネーム)へ改名した人が約60人もいるそうだ。すごい!

Top image: © iStock.com/FilippoBacci
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
これが、2018年度『Guinness World Records』で認定されたアフロ。彼はBenny Harlemさん。アメリカを拠点にモデル・歌手とし...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...