A3サイズが入るのがうれしい

レザー製のドキュメントファイル。

アイデアソースは、風呂敷に代表される日本の「包む」という行為。ゆえに贅沢にも一枚革で作られているのが特徴だ。

リッチな質感もいいけれど、僕が注目したのは収納力。13インチのMacBookProがすっぽり入るし、なによりもA3サイズのペーパーを折り目をつけずに持ち運べる。個人的にそのサイズの資料を使うことは多いので、これは助かる。

ラップトップと資料(もちろんタブレットでも!)を入れられるってことは、仕事の打ち合わせは、これひとつでOKってこと。単なるドキュメントケースというよりサブのビジネスバッグのような感覚で使うといいかもしれない。スーツスタイルにも合いそう。

ブランドは〈SYRINX〉。現在クラウンドファンディングサイト『Makuake』で資金調達中。豊富なカラバリもチェック!

493804838715392047743953692262404667500344115200

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

イギリスの〈Royal Mail(ロイヤルメール)〉、つまり日本でいうところの郵便局のレターバッグ。手紙の仕分け用です。A4サイズの書類を入れても余裕があ...
〈Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)〉の「ジュートダストバッグ」です。エコ素材のジュートを使ったダストバッグは、キッチンのちょっ...
「The Adjustable Bag(アジャスタブルバッグ)」は3つのサイズに変形できるようになっています。31L、46.5L、62L。デイリーユース、...
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
仕事でもスーツを着ることの少ない自分にとって〈SUIT SELECT(スーツ セレクト)〉は、少し遠い存在。だけど、この10月に発売されたばかりのトラベル...
埼玉発ハンドメイドのバッグブランド〈ripa(リーパ)〉のサコッシュは、「痒いところに手が届く」っていうのが、最大のポイントだと思います。
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
文房具メーカーの〈DELFONICS(デルフォニックス)〉による「コナーバッグ」。生地は軽量かつ耐久性のあるリップストップ、ストラップはダブルホックで耐荷...
〈ateliers PENELOPE(アトリエ ペネロープ)〉の「#9 Boxy」です。ファスナー付きポケット、2分割されたポケット、両脇にペットボトルサ...
あんまり思い出の品とか、大切にするタイプじゃないんです。専門の洋服も、どちらかというと新鮮味のあるデザインや機能に惹かれます。ヴィンテージもいいけど、新し...
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
カバンの中でくしゃっとなりがちのティッシュは〈comma〉の本皮ティッシュケースで。生活必需品をちょっぴりお洒落に持ち歩ける!
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...