本気で作った「雪だるま専用」レザーバッグ

革製品ブランド「土屋鞄製造所」から、夏の「スイカ専用バッグ」に続いて今度は「雪だるま専用バッグ」がデビュー。12月18日より、六本木店や渋谷店など、各地の店舗を巡回して展示される。

新作バッグには、繊細な雪だるまを安全に運ぶための工夫がいっぱいだ。

©株式会社土屋鞄製造所

内装は雪を溶かさないために保冷素材で優しく包み、外側は止水ファスナーと「防水スムースレザー」でしっかりと防水。また、雪だるまの鼻を入れる専用の内ポケットも装備されているこだわりよう。

©株式会社土屋鞄製造所

移動時の球体のぐらつきをサポートするため、くぼみのある革の台もセット。台を引っ張れば、スムーズな雪だるまの出し入れが可能なのだとか。

さらに、デザインにも職人技が惜しみなく光っている。

©株式会社土屋鞄製造所

かわいらしい雪だるま型フォルムを、曲線的なシルエットで見事に再現。革の断面は美しい光沢感に仕上げられ、まさか雪だるまが入っているとは思えない上質感が感じられる。

残念ながら非売品だが、この夢もかわいさも詰まったバッグを見たい人は、コチラから展示店舗をチェックしてほしい。

今後、どんな物を運ぶカバンが生まれるのか、次回作も楽しみ!

Top image: © 株式会社土屋鞄製造所
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

象徴的な「ティファニー」のショッパーが、レザーバッグになって登場した。クラフトマンシップの精神が詰まった、モダンなコレクション。日本限定アイテムも!
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
「スイカ専用バッグ」や「雪だるま専用バッグ」など、ちょっと変わった鞄を生み出している革製品ブランド「土屋鞄製造所」。このたびデビューしたのは、老舗ガラスブ...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
リーフレザーは、ブラジルの熱帯雨林で専用に栽培された葉を材料にしており、質感などは動物の皮革とほとんど変わらない。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
フィレンツェの伝統的な鞄づくりの技術を受け継ぐ職人たちによるハンドメイドレザーバッグブランド「DAVID SCAPARRA」より、剣道シリーズとして世界初...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
“サボテンレザー”を使用したアイテムを扱うサステイナブルブランド「Re:nne」から、エシカルウォレット「Chitose」がデビュー。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...