サイズも容量もワンタッチで拡張!「変幻自在のバッグ」

ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場した。

その名も「変幻自在」。必要に応じて簡単にサイズと容量を変えられる2WAYバッグだ。出先での予定外の買い物にも即座に対応できるから、わざわざエコバッグを持ち歩く必要もない。

タイプはスリングバッグサコッシュの2種類。

バッグ自体は300gと軽量でありながら、拡張時には最大8kgの重さまで耐えられる。5000mlのペットボトルだって収容可能だ。

大小さまざまなサイズのポケットが取り付けられており、使い勝手も良さそう。撥水性があり、天候を気にせずラフに使えるのも嬉しい。カラーはそれぞれ4色。

現時点での価格は7900円(税込)〜、購入はこちら

© きびだんご株式会社
©きびだんご株式会社
© きびだんご株式会社
Top image: © きびだんご株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
まさに変幻自在。ベストやエプロンに変化する「トートバッグ」が登場した。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
まるでルービックキューブのような形をした新しいキューブ型デバイス「WOWCube」が発表され、ありそうでなかったこの革新的なデバイスに大きな注目が集まって...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
応援購入サービス「Makuake」に、8in1の多機能シャベル「wild 8」が登場。アウトドアユースや防災用にひとつもっておいて損ナシの一品。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。