【変幻自在のモバイルグラウンド】これひとつでサッカーもバスケもテニスも楽しめる!

いざ、球技をやろうと思っても広いスペースが必要で、自由に遊べる場所って少なかったりしますよね。

「もっと手軽に都会の中でもスポーツを楽しみたい!」。そんな思いから開発されたのが、このボックス型のモバイルグラウンド。

用途に合わせて
開いたり、閉じたり。

サッカー、テニス、バスケ、これらの競技を全部やりたい、と思ったら、かなりのスペースが必要なもの。ですが…

このモバイルグラウンドなら、省スペースで複数の球技を同時に楽しめます。これ自体は小さな部屋程度の大きさ。折りたたんだ状態で使うときは、このボックスを囲んで、それぞれの面に向かってみんなが別の球技を楽しむことができます。

折りたたみモードでは
最大4競技

折りたたみモードでは、最大4つの競技が同時にプレイできます。スペースの真ん中にモバイルグラウンドをセット。それぞれの面に向かってフリーテニス、サッカー、フライングディスク、バスケットボールなどが楽しめます。

開いたらサッカー!
座るスペースやハンモックまで

ボックスを全部開くけば、サッカーのスペースを広めにとることができます。その壁の裏側では、座って休めるスペースや、ハンモックを吊るすスペースまであり。

都市部で人気が出そう!?

韓国ソウルにある建築事務所「Studio B.U.S」のこのアイデア。開発の背景には、やはりスポーツをする土地が確保できない、という問題があったそう。今やこの課題は韓国だけでなく、多くの都市が抱えているものです。

ボールさえあればみんなで気軽に楽しめる「モバイルグラウンド」、新しいムーブメントになるかも?

Licensed material used with permission by Studio B.U.S
他の記事を見る
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
JFLに所属する奈良クラブのスタジアムグルメがスゴイんです。
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
8月11日にオープンした複合スポーツエンターテイメント施設「スポル品川大井町」。新宿や渋谷からでも電車で30分とかからないくらいの場所にあります。
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
サッカーで何年も同じポジションをやっていると、その姿勢が人生にも反映されてくる…。そう語るのは、「Elite Daily」でスポーツ記事を書くAdam S...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。