もしも、バスケのボールが赤ちゃんだったら・・・新感覚ゆるスポーツ「ベビーバスケ」が楽しそう!

赤ちゃんをあやす感覚で
そぉっと、ボールを扱う!?

写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?

一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが、よく見てください。ボールはなぜか真っ黒のサッカーボールのような形状。しかも、それを投げ入れる先は、頭上のゴールネットではなく、なぜかゆりかご。

ボールが泣き出したらアウト!
新感覚「ベビーバスケ」

じつはこれ、史上最も“ゆる〜い”バスケットボール、「ベビーバスケ」の競技風景なのです。激しく動かすと泣き出してしまう特殊なボールを赤ちゃんにみたてて、プレイするこの競技。基本はバスケと同じとのことですが、その性質は似て非なるもの。なぜって、ボールをドリブルしたり、勢いよくパスしたり、叩き落すこともできないのだから。ボールはまさしく赤ちゃん…そう考えれば、たしかに納得がいきます。
つまり、赤ちゃんをあやすようにそっとパスして、キャッチする。もちろんゴールだって、そっと泣かさないようにしないと得点として認められない、という訳。

3秒以上のボールキープは
「過保護」

ルールは単純明快。いかに赤ちゃん(ボール)を泣かさずにゴールを狙うかです。ところが、これが一筋縄ではいかないようで、赤ちゃんの泣き声がコートにこだまするたびに攻守交代(笑)。そして、ファウルの表現の仕方がまた絶妙!

たとえばコチラ。1人のプレイヤーが3秒以上ボールをキープし続けると「過保護」と判断されファウルに。この競技においてボールの持ちすぎは禁物。

「ピピィー、はい過保護!」
こんなふうに審判の笛がなり、ファイルとなってしまいます。

ボールを持って4歩以上は
「子煩悩」

一方、ボールを持ったプレイヤーが4歩以上歩いてしまうと「子煩悩」。もちろんこちらもファウル対象となります。
持ちすぎちゃいけない、歩いちゃいけない…焦って放り投げたり、パスカットしようものなら、たちまちボールが泣き出してしまう。過度な接触プレイがない代わりに、神経と愛情をボールに注ぐゲームなのです。赤ちゃんを持つお母さんの気持ちになってプレイするベビーバスケ、意外に面白そう!

運動音痴の人でもできる
仲間外れをつくらない
“ゆる〜い”スポーツの普及

さて、この「ベビーバスケ」のように身体能力に長けていなくても、運動が苦手な人でも、仲間はずれになることなく、楽しみながら参加できる新たなジャンルのスポーツを考案し続けているのが、「世界ゆるスポーツ協会」です。
お年寄りから子どもまで、もちろん障害のある人たちも。いろんな人たちが混ざり合って、笑いながらできるスポーツを超・真面目に考えているんだそう。

しっかし、この発想力は脱帽もの。ベビーバスケのみならず、新ジャンルのヘンテコスポーツが次々と。

たとえば、イモムシになりきってプレイするその名も「イモムシラグビー」。専用のウェアを着ると、まるで寝袋から手だけ出した状態に。ずいずい這って転んでゴールを狙うというもの。ゆるい!
さらには、ヌルヌルあわあわ、ハンドソープをべっとり両手に塗った状態でボールを扱う「ハンドソープボール」。手につかないボールをいかに華麗にパスを回すかがポイント。こちらも、ゆるい!

こんな感じに本気なんだか、冗談なんだか区別のつかない個性たっぷりの競技が、これまでに16種類も誕生しているんです。各競技には厳しいルールがしかれていて、汗もかくしそれなりに疲れるんだそう。
単に楽しさだけでなく、競技として要素をしっかり取り入れた“ゆる〜い”スポーツ。体力の衰えなんて気にしなくて大丈夫!いくつになっても始められる、これも魅力のひとつかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by ゆるスポーツ協会
いざ、球技をやろうと思っても広いスペースが必要で、自由に遊べる場所って少なかったりしますよね。「もっと手軽に都会の中でもスポーツを楽しみたい!」。そんな思...
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
ピリオドや試合終了の直前に放たれたシュートが、残り0秒となった後でネットを揺らす「ブザービーター」。拮抗した試合では、このラストショットが決まるか否かで結...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
考えてみれば、たしかにめちゃくちゃスゴい話。だって、本来バスケのフリースローは5.8m(スリーポイントラインからだって6.25m)だ。そもそも、どうすれば...
2015年の夏、日本国内に一大ムーブメントを巻き起こしたラグビー日本代表。戦前の評判を痛快に覆すその雄姿に、多くの人が魅了されたはずだ。しかし、同時にこう...
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
豪快なダンクシュートは、すべてのバスケ少年にとっての悲願。ここで登場するマルテ君とて例外ではない。とはいえ、身長173cmの彼にとっては相当に高いハードル...
赤ちゃんをお風呂に入れるのは、ママやパパにとっても意外と大変なお仕事。大人用のバスタブじゃ大きすぎるし、かといって専用のベビーバスはプラスチックが硬くて痛...
ドキドキしながら観に行ったラグビーの試合。ちゃんと楽しめるか不安だったけれど、「あれ?意外に面白いじゃん……!」