江戸とバスケットボールへの「並々ならぬ愛」を浮世絵に込めた。

国も宗教も言葉も関係なく、バスケットボールさえできれば人は繋がる。

これは、オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことだ。

香港ではある建物の屋上で、バンコクでは高架下で、カンボジアでは整備されていないヒビ割れた場所で。どこの国でも現地の人々が「バスケのコート」と呼ぶ所へ行けば、みんな家族のようにあたたかく迎えてくれたという。

浮世絵とバスケットボールを組み合わせたEdo Ball(江戸ボール)」を生み出したのは、世界中の人々に親しまれるこの愛しいスポーツの影響からだった。

見て楽しい、感じて楽しい。
すべてが「一体」となる浮世絵

江戸バスケットボール

僕は日本人にすごく感謝している。なぜかというと、江戸時代に生まれた浮世絵は、日本の文化の象徴でもあって、多彩にしかも繊細に描く“職人技”を感じさせる素晴らしさのある芸術。「耐え忍ぶ」チカラのある日本人だからこそのアートだ。それを日本の歴史が生み出してくれたおかげで、アーティストとして道を切り開くキッカケにもなった。

 

だから、僕の人生に大きく影響を与えた日本の伝統とバスケットボールは、東洋と西洋を繋ぐのに最適だと思うんだよね。

Andrewが、路上でストリートバスケットボールをしているとき、ふと周りを見渡したらプレイヤーも観戦者も“ひとつ”になっているように感じたことがあるそう。まともに話したこともない、育った環境も違う人たちの「楽しい」という感情が自分の中に流れ込んできたことを今でも覚えていると語ってくれた。

江戸バスケットボール

すべての情熱を注いで生まれた浮世絵は、とても華やかなんだけど「熱気」を感じる。

それはAndrewがストリートバスケをしているときに出会った「感情」と似たものが、私たちの心にも流れ込んできているのかもしれない。

2つの全く異なる文化がひとつになった絵。言葉の壁も心の壁も打ち砕く、彼の描いた“新たなカルチャー”は可能性を秘めているような気がしたんだ。

江戸バスケットボール江戸バスケットボール江戸バスケットボール江戸バスケットボール江戸バスケットボール江戸 神社江戸バスケットボール ガイコツ
Licensed material used with permission by Andrew Archer, (Instagram)
今、人気が再上昇している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。江戸時代の人気浮世絵師・歌川国芳の「国芳ぬりえワンダーランド」は、実は猫好きにおすすめ。...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
2025年に完成予定の商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング ステーション...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
2月14日、NBAとバスケットボール練習用アプリ「HomeCourt」が協力して、NBAスカウトへのアピールを可能にする「NBA Global Scoun...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
2015年4月29日から約2ヵ月にわたって開催された「スター・ウォーズ展」は、大盛況のうちに幕を閉じた。10年ぶりとなる新作『スター・ウォーズ/フォースの...
フォロワー70万人を超えるInstagramアカウント「Petites Luxures」。フレンチエロスをポップなイラストで表現している。性の解放、快楽を...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
東京、銀座にあるCHANEL NEXUS HALLでは、展覧会「ピエール セルネ&春画」が4月7日まで開催中。春画を取り扱う展覧会では珍しく、年齢制限はあ...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
「タイムタイマーオリジナル」がリニューアルして登場。基本的なスペックはそのままに、数字と余白が大きくなって見やすさがUP。忙しい朝や、タイムリミットのある...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...
今年で10周年を迎える「Inktober」というイベントが盛り上がりをみせている。Inktoberは1ヵ月間、お題に沿ってイラストを描き続けるというチャレ...
2016年9月22日は、日本のバスケットボール界にとって新たな時代の幕開けでした。Bリーグの開幕です。そんなバスケットボールが日本に広く普及した要因のひと...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。