バスケットボールの神様「マイケル・ジョーダン」23の名言

その実績は言わずもがな。NBAへの貢献が認められ、背番号「23」が永久欠番になっているほどです。極度の負けず嫌いで、競争心の塊とも言われた強烈なキャラクターはもちろん、彼がこれまでに放った言葉の力強さも未だに色褪せることがありません。

Inc.com」に掲載されたのは、失敗、仕事観、選択、限界、成功、集中力、チームワークなどに関係する数々の発言。どれも説明不要の説得力が感じられないでしょうか。以下、23の名言を紹介します。

01.
成功への鍵は失敗することだ。

02.
今までに9,000ショットミスった。
300ゲーム負けた。
ウイニングショットは26回外した。
失敗して、失敗して、失敗し続けた。

だから成功した。

03.
失敗がモチベーションになる。

04.
失敗を怖れたことはない。

05.
恐怖で身動きが取れなくなる、
そういう人がいるのは知っている。

僕にとっては幻想だ。
失敗するから、
もっと高いハードルに挑戦できる。

06.
どんなに正しい技術を持ち、
倫理的であり、心の準備をしていようとも、
うまく行かないときはある。

勉強や仕事、なんでも同じだ。

07.
仕事をすれば成果は出る。
人生にショートカットはない。

08.
思い浮かべる中で一番平和な場所が、
ゲーム中のバスケットコートだ。 

 そこでは迷わない。一歩踏み入れれば、
誰も僕を邪魔できない。

09.
コートに入ったら何も考えなくていい。
外で起きた問題は、
プレイのあとで考える。

頭のなかはクリアだ。
だから良い解決策だって思いつく。
セラピーにも似ている。

リラックスしたり、
問題を解決する場所なんだ。


10.
ベンチにいる姿を見せるために、
チケットを捌く必要なんてない。

そんなこと家でだってできるだろう。

11.
松葉杖があれば体は支えられる。だけど、
サイドラインに立っている精神力はなかった。

※「サイドラインに立つ」は、負傷などで出場できないことを意味して使われる。


12.
偉大な選手と良い選手の違いは、
“ハート”だ。

13.
一度決めたら、もう考えない。 

14.
ネガティブな状況を
つねに好転させるんだ。

15.
一度でも諦めたらクセになる。
だから絶対に諦めるな!

16.
大事なシュートを外したら、
なんて考えたことはない。

結果のことばかり考えたって、
思い浮かぶのは悪いことばかりだ。

17.
“無理だ”と口にしないこと。
限界や恐怖なんて、
ほとんどがただの幻想だ。

18.
偉業を“成す”前に、
まずは自分自身にそれを期待しなければならない。

19.
成功するためには、
わがままでいなければいけない。
さもなければ達成はない。

そして、一度頂点に達したなら、
人付き合いを大切にしなければならない。
連絡を取り合える状態を保ち、
独りになってはいけない。

20.
大学にいる時は、プロのアスリートになる機会があるなんて気づかなかった。

これまで人々の親切を受け取るチャンスに恵まれて、バスケットボールから離れた生活ができるようになった。

21. 
選手たちには、
リラックスしてくれと伝えたい。
何が問題かなんて考えないで欲しい。

ただバスケットボールに集中すること。

チャンピオンシップで誰が勝つかーー。
そんなことを考えているなら、
集中力を失っている証拠だ。

22.
エクササイズやトレーニングの時は、
いつも疲労を感じている。

目を閉じて思い浮かべるのは、
リストに載った自分の名前。

そうすればまた、
モチベーションが湧いてくる。

23.
優れた選手を集めていても、
勝てないチームはいくらでもいる。

どこも同じなのは、
チームの為に犠牲を払う気がないところだ。

面白いことに、個人の成績が落ち、
最終的に達成への道が遠のくのは、
犠牲を払わない選手たちだ。

一つだけ信じていることがある。
チームに貢献すれば個人の成績も伸びる。

才能があればゲームには勝てる。
が、チームワークと知性があれば、
チャンピオンシップに勝利できる。

Top Photo by Ken Levine/ Getty Images Sport Classic/Getty Images
Licensed material used with permission by Benjamin P. Hardy
日本からだと約9,000円で購入可能ですよ。
歴史上の人物たちの言葉が、今も多くの人達に届いているなんて驚きますよね。しかも、いつになっても学ぶことが尽きないもの。「I Heart Intellige...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
負けず嫌いな性格の人は、それを表に出す・出さないに関わらず、周囲の人に対して競争心を持っている。これは想像に難くありませんね。ここでまとめているのは、そん...
音楽に全く興味がない人でも、その名前くらいは耳にしたことがあるでしょう。マイケル・ジャクソン。そう、“キング・オブ・ポップ”として「スリラー」「バッド」と...
人類史上最も成功したエンターテイナーと称された、マイケル・ジャクソンの写真や資料を集めた書籍は、これまでにも世界各国で、数多く出版されてきました。1992...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
いつでも未来にワクワクしていたい。だけど忙しく働く日々の中では、どうしても自分の可能性を、信じられない時もあって。だからこんな名言が、みなさんの体のどこか...
正しいシュートフォームを習得するための方法ってなんだろう。『スラムダンク』みたいに、1週間に20,000本打って打って打ちまくる?それもいいアイデアかもし...
近しい人を亡くすと、悲しみから逃れない気持ちになってしまいます。でもこの名言集は、悲しみに向き合い、前向きになれるように紹介しています。
夢を追い始める10代。その先にはたくさんの困難と選択肢が待ち受けています。時には心が折れて、自分の目指した夢を忘れかけてしまうこともあるでしょう。そんな迷...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
彼が望んでも見ることのできなかった「この時」を、私たちは生きているから。
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、“キング・...
眠る前のあなたの5分、私にください。
長い長い時を経て語り継がれてきた、珠玉の名言。遥か昔に言われた言葉が、ときには現代を生きる我々の人生をも動かしてしまうことがあります。そんな古今東西の名言...
上手くいかないことが相次ぐと、どうしてもエネルギーってすり減ってしまうもの。そんなときに読んでほしいのが、名前を聞くと即座に「Every little t...
偉大な功績を後世に残した著名人は歴史上何人も存在します。彼らが残した名言は確かに私たちの心を打ちますが、うっかり口にしてしまった侮蔑の「失言」。これが名言...