「NBA」の新たな観戦方法が話題!

7月30日より再開している「NBA 2019-20シーズン」で、「Microsoft」のリリースした新機能「Together Mode」が採用されている。ファンは遠く離れた場所からでもほかの人と一緒に試合観戦する気分を味わえ、新たな体験を楽しむことができる。

そもそも「Together Mode」とは、AIがログインしている参加者の映像を切り抜き、実際に会議室などに並んでいるように配置してくれるオンライン会議サービス。それをNBAとMicrosoftは試合観戦に応用したというわけだ。

会場の行き帰りなど、人ごみを避けられるのは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクを下げるという意味でもメリットがありそうだ。Microsoftは「プレーヤーもファンの反応をリアルタイムで確認できる」と説明。

ちなみに、この「Together Mode」を利用して、スコッティ・ピッペンシャキール・オニールなども試合観戦をしているようだ。

Top image: © Microsoft
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2月14日、NBAとバスケットボール練習用アプリ「HomeCourt」が協力して、NBAスカウトへのアピールを可能にする「NBA Global Scoun...
7月30日より「NBA 2019-20シーズン」が再開。「NBA」と「NBPA(NBAの選手労働組合)」は、ユニホームに記載されている名前を社会正義に関す...
2月15日、スマホを使って名前と背番号を切り替えられるユニフォームを、NBAのコミッショナーAdam Silverさんが発表しました。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
10月1日、NBAチーム「ポートランド・トレイルブレイザーズ」に所属するデイミアン・リラード選手が、トヨタ自動車のディーラー「Damian Lillard...
コービー・ブライアントの肖像を「NBA」の“新しいロゴ”にするという署名活動。ジャスティン・ビーバーやスヌープ・ドッグら著名人の拡散もあり、同署名は1月3...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。