「NBA」の新たな観戦方法が話題!

7月30日より再開している「NBA 2019-20シーズン」で、「Microsoft」のリリースした新機能「Together Mode」が採用されている。ファンは遠く離れた場所からでもほかの人と一緒に試合観戦する気分を味わえ、新たな体験を楽しむことができる。

そもそも「Together Mode」とは、AIがログインしている参加者の映像を切り抜き、実際に会議室などに並んでいるように配置してくれるオンライン会議サービス。それをNBAとMicrosoftは試合観戦に応用したというわけだ。

会場の行き帰りなど、人ごみを避けられるのは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクを下げるという意味でもメリットがありそうだ。Microsoftは「プレーヤーもファンの反応をリアルタイムで確認できる」と説明。

ちなみに、この「Together Mode」を利用して、スコッティ・ピッペンシャキール・オニールなども試合観戦をしているようだ。

Top image: © Microsoft
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2月14日、NBAとバスケットボール練習用アプリ「HomeCourt」が協力して、NBAスカウトへのアピールを可能にする「NBA Global Scoun...
2月15日、スマホを使って名前と背番号を切り替えられるユニフォームを、NBAのコミッショナーAdam Silverさんが発表しました。
7月30日より「NBA 2019-20シーズン」が再開。「NBA」と「NBPA(NBAの選手労働組合)」は、ユニホームに記載されている名前を社会正義に関す...
コービー・ブライアントの肖像を「NBA」の“新しいロゴ”にするという署名活動。ジャスティン・ビーバーやスヌープ・ドッグら著名人の拡散もあり、同署名は1月3...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
正しいシュートフォームを習得するための方法ってなんだろう。『スラムダンク』みたいに、1週間に20,000本打って打って打ちまくる?それもいいアイデアかもし...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
日本からだと約9,000円で購入可能ですよ。
その実績は言わずもがな。NBAへの貢献が認められ、背番号「23」が永久欠番になっているほどです。極度の負けず嫌いで、競争心の塊とも言われた強烈なキャラクタ...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
米「Microsoft」が昨年10月に発表して大きな注目を集めていた2画面Androidデバイス「Surface Duo」。当初は今年末の発売が予告されて...
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
7月8日、「Microsoft」がウェブ会議サービス「Microsoft Teams」の新機能として、「Together Mode」をリリースすることを発...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
「クラブツーリズム」が11月5日から受付を開始したのは、日本船籍の客船「にっぽん丸」を貸し切り、来年7月31日に名古屋港を出発してクルーズを2泊楽しみなが...
「マイクロソフト」からワイヤレスイヤホン「Surface Earbuds」が発売。同社初となる完全ワイヤレスイヤホンは、大きな円盤のような外見が印象的なデ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
2025年に完成予定の商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング ステーション...
「ナイキ」の「ジョーダン」ブランドより、八村塁のシグネチャーモデルが登場。彼のルーツである日本とペナンを左右異なるデザインで表現した新たなシューズだ。
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。