「将来のNBA選手」がアプリを通してスカウトされる時代に!

2月14日、NBAとバスケットボール練習用アプリ「HomeCourt」が協力して、「NBA Global Scount」という新機能をリリースした。この新機能ではなんと、プレーヤーはNBAスカウトへのアピールが可能になるのだとか。

まずは「HomeCourt」の使い方から。3ポイントラインが画角に収まるようにスマホやタブレットを設置して撮影。自動的にAIがその様子を分析してくれるので、改善点がすぐに分かるのがウリになっている。

新機能である「NBA Global Scount」では、ボールハンドリングアジリティフィニッシングスキルなどの項目に応じてプレーすることが求められる。基本的に、場所に制限はない。

そして、その結果をもとにプロフィールにスコアが表示される仕組み。バスケットボール版LinkedInといえば分かりやすいかもしれない。

場所を選ばないのが特徴なので、日本からでもNBAスカウトにアピールすることができる。若い世代が積極的に使い始めれば、第二の八村塁選手が発掘されるきっかけになるかもしれない。

Top image: © iStock.com/Marilyn Nieves
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月30日より「NBA 2019-20シーズン」が再開。「NBA」と「NBPA(NBAの選手労働組合)」は、ユニホームに記載されている名前を社会正義に関す...
2月15日、スマホを使って名前と背番号を切り替えられるユニフォームを、NBAのコミッショナーAdam Silverさんが発表しました。
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
コービー・ブライアントの肖像を「NBA」の“新しいロゴ”にするという署名活動。ジャスティン・ビーバーやスヌープ・ドッグら著名人の拡散もあり、同署名は1月3...
アメリカ第二の都市・ロサンゼルス。LAの公共交通機関は、都市に暮らす人々の毎日を支えている。そんな「LAメトロ」のCEOが、電車とバスの運賃無償化を検討し...
7月30日より再開している「NBA 2019-20シーズン」で、「Microsoft」のリリースした新機能「Together Mode」が採用されている。...
正しいシュートフォームを習得するための方法ってなんだろう。『スラムダンク』みたいに、1週間に20,000本打って打って打ちまくる?それもいいアイデアかもし...
日本からだと約9,000円で購入可能ですよ。
その実績は言わずもがな。NBAへの貢献が認められ、背番号「23」が永久欠番になっているほどです。極度の負けず嫌いで、競争心の塊とも言われた強烈なキャラクタ...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
「ナイキ」の「ジョーダン」ブランドより、八村塁のシグネチャーモデルが登場。彼のルーツである日本とペナンを左右異なるデザインで表現した新たなシューズだ。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
ロンドンに拠点を置くラグジュアリーカスタムショップ「Truly Exquisite」が、24Kゴールドで仕上げられた「PS5」の予約販売を受付中だ。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
「株式会社クラレ」が、この春に小学校に入学した子どもとその親を対象に実施したアンケートで、子どもが将来就きたい職業の1位は、調査開始以来22年連続で男の子...