NBA選手のフリースロー精度をUPするために「ハイテクアームスリーブ」が使われている。

正しいシュートフォームを習得するための方法ってなんだろう。『スラムダンク』みたいに、1週間に20,000本打って打って打ちまくる?それもいいアイデアかもしれない。

NBAでは、腕の動きをトラッキングしてデバイスで情報を即チェック。リアルタイムでフィードバックできる優れものが活用されている。

シュート精度UPに
ハイテク投入

バスケットボールには「Hack-a-Shaq」と呼ばれる戦術がある。フリースローが苦手な選手に意図的にファールすることを指す。ロサンゼルス・レイカーズの元選手、シャキール・オニールに使われたことがネーミングの由来だ。

いまはデトロイト・ピストンズのパワーフォワード、アンドレ・ドラモンド選手もこの戦略の標的になっている。狙われるなら、シュートがうまくなればいいと言うのがストレートな発想だけれど、そう簡単な話ではない。

Sport Techieによれば、彼のフリースロー成功率は34.6%。NBAでもワーストだそうだ。さらに、理想的なシュートフォームへ矯正するにも、手の大きさや腕の長さには個人差があるため難しい。

そこで使われ始めたのが「SOLID shot」というスマートスリーブ。後のパフォーマンスに変化が起きるのではないかと注目されている。

0.01秒単位で動作を計測し
画像と音声でフィードバック

3つのセンサーが120fpsのフレームレートで動作を立体的にトラッキング。データはアプリで管理でき、スリーブに付いているスピーカーからは音声で直接インスタントフィードバックが受けられる。シュートスタイルも選べるようだ。詳しくはコチラから確認できる。

期間限定で7月13日〜8月11日までの間、249ドルで発売されていたが、同社によれば一般発売開始はそう遠くない。販売予定価格は449ドル(約45,000円)になる予定。ドラモンド選手の活躍にも期待したい。

Reference:Sport Techie
Licensed material used with permission by SOLID shot
2月15日、スマホを使って名前と背番号を切り替えられるユニフォームを、NBAのコミッショナーAdam Silverさんが発表しました。
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
その実績は言わずもがな。NBAへの貢献が認められ、背番号「23」が永久欠番になっているほどです。極度の負けず嫌いで、競争心の塊とも言われた強烈なキャラクタ...
日本からだと約9,000円で購入可能ですよ。
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
考えてみれば、たしかにめちゃくちゃスゴい話。だって、本来バスケのフリースローは5.8m(スリーポイントラインからだって6.25m)だ。そもそも、どうすれば...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
『Gryp』という、シリコン製の指スリーブ。ここに指を2本(3本でも可)をスッと差し込んだら、もう完璧。日常の触りたくなかったあれやこれ、ストレスとはさよ...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...
2016年の4月末。海外メディアが「これぞ高度文明だ」と紹介した日本の技術がありました。それはなんと「駐輪場」。ハイテクな駐輪場って何?とも思いますが、動...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
全英オープン(ウィンブルドン)で一流選手たちが使った、使用済みテニスボールから聞こえる、あの音。"ポシュンッ"。なんて贅沢なんでしょう。
笑っちゃいけないんでしょうけど、すごい量ですよね。
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
「ChatterBaby」は、アメリカのUCLAで研究しているブレーンたちの知識がいっぱい詰まった、赤ちゃんの泣き声を“翻訳”してくれるアプリだ。精度は約...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...