全米プロスポーツ界に「自家製スポーツドリンク」の波

旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかはさておき、塩分や糖分もそれなりに入っているんですよね。

で、最近になって全米プロスポーツ界に、その清涼飲料水をやめて、代わりに管理栄養士による自家製スポーツドリンクを推奨する流れができつつあるとかで。「Food52」のこの記事は、その辺りの最旬事情も含め、ライターSarah Jampelがおすすめ“スポドリ”のつくりかたを紹介しています。

まずは、自らスポドリ狂だった過去をカミングアウトするSarahの独白からどうぞ。(TABI LABO)

それでも、私は
スポーツドリンクをやめられないっ!

地球温暖化による影響は、世界中のあらゆる都市の気温を上昇させています。こうなるともう、ほとんど何かの競技に参加しているようなもの。べつに、スタジアムやトラックでなくたって、です。

朝の出勤でも、近くのコンビニまで出歩くのでも、ちょっと歩いただけでもう汗だく。スーパーで買い物したあとの指や肩に食い込む荷物の重さは、ウエイトリフティングの選手とキモチ的には変わりません。

で、こんな汗だくな気分のときにはもう、いてもたってもらいられないほど飲みたくなるのが、私の場合キンキンに冷えたスポーツ飲料

フルーツパンチのフレーバーをひと口飲めば、高校時代の放課後が蘇り、レモンライムはカレッジ時代の土曜日の朝、生ぬるいのをがぶ飲みした思い出の味。スポーツドリンクのあの独特のフレーバーは、いつも何か満たされずにいた私の体を潤してくれる飲み物だったんです。

が、しかし…たとえそうだったとしても、あの誘惑からもっと早くに離れるべきだったんだと、今になって気づきました。

私のようなスポーツ飲料フリークのみなさん!飲めなくたって、もう大丈夫。自分でつくればいいのです。だって、本質的にはどの家庭にもあるような食材だけでつくれちゃうんですから(フルーツを希釈し、塩を混ぜるだけで)。

プロスポーツ界に広がる
手づくり飲料の波

ボストン・レッドソックスの専属栄養士であり、他にも多くのオリンピアンを栄養面からサポートするNancy Clark。彼女はスポーツ栄養学に関するの中で、世に販売されているスポーツドリンクと同じ効果が期待できる、より健康的な自家製ドリンクのレシピを推奨している人物です。

よりカロリーを控え、ナトリウムを摂取できる代替飲料として、以下のレシピでつくれば、きっと水分補給も、エネルギー補給も、もちろん味わいも、あなたにとってベストなものになるはず。

“フルーツフレーバー”

もっとも甘いこのレシピが、市販のものに一番近いテイスト。好みのジュースを混ぜてつくります。

<材料>
砂糖:50g
塩:3.7g
お湯:60ml
フルーツジュース(好みのもの):60ml
レモン果汁:30ml
冷水:840ml

砂糖と塩をお湯で溶かし、好みのフルーツジュース(オレンジ、クランベリー、ザクロなどがおすすめ)とレモン果汁、冷水を加えてよく冷やす。

“メープルフレーバー”

ワークアウト中、もしくは運動後の胃酸が気になる人向けに、Clarkはこんなレシピも用意しています。

<材料>
冷水:900ml
メープルシロップ:60ml
塩:1.2g

材料すべてをボトルなどに移し、よくかき混ぜる。

“NEWゲータレード”

2016年、NBAゴールデンステート・ウォーリアーズはスポーツ飲料を中止、代わりにヒマラヤ岩塩を溶かした水をゲーム中のドリンクとして採用したことで話題となりました。フードブログ「Food Wishes」の著者Chef Johnも、これにインスピレーションを得て、自家製スポーツドリンクを紹介。氏は、これを“新しいゲータレード”と名付けています。

<材料>
冷水:8杯分
はちみつ(メープルシロップもしくはアガベシロップ):45ml
ヒマラヤ岩塩:2.5g
カイエンペッパー:ひとつまみ(お好みで)
しぼりたてのオレンジジュース:177ml
レモン汁:2個分
ライム果汁:2個分

 1カップ分の冷水、はちみつ、岩塩、カイエンペッパーを入れたら弱火にかけ、よく混ざるように溶く。粗熱をとってから、よく冷えたところで柑橘のジュースを加え、残りの冷水を足して冷蔵庫へ。

Written bySarah Jampel
Licensed material used with permission by Food52
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
川崎フロンターレのホームスタジアムには、待ち時間ゼロの飲食注文サービス「ダイニー」が導入されているんです。
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
「デニムクライマー」と呼ばれるスポーツクライミングの土肥圭太選手にインタビューしました。
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...