「バスケットボール」を楽器にして演奏する音楽が凄すぎた!

動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバーがわらわらと集まってきます。が、全員ボールを手にしている模様!え〜!?

バスケットボールを楽器に!

この動画は、アリゾナ州で活動するバスケットボールのエキシビジョンチーム「ハーレム・グローブトロッターズ」がチーム生誕90周年を祝って「ストンプ」とコラボしたパフォーマンス映像です。

ストンプはもともとニューヨークの小さな劇場で流行した、楽器を使わずに演奏する集団のこと。足を踏み鳴らしたり、身の回りのものでリズムを刻むアクロバティックな音楽で有名です。この動画の演奏で使われている楽器は、もちろんバスケットボール。

ビートに合わせて繰り出される数々のテクニックは必見です!

ユニフォームの男性を中心にリズムを刻むメンバー。様々なバスケットボールの動きを音楽に合わせて織り交ぜていきます。

華麗なボールさばきや

芸術的なパス

壁打ちの音でリズムを刻み

集団ドリブルから

ダンクシュートまで!

これだけ迫力があるにも関わらず音楽とブレてないことには驚き。しかもこの映像、再生するとわかりますがノーカットで最後まで進んでるんです。

撮影が行われたのはニューヨークはグリニッジヴィレッジのコート。4人のスター選手と8人のストンプメンバーが集結し"演奏"に挑戦しました。

が、WTRFによれば救急車のサイレンやクラクションの音、通学中の子どもたちの声、そのほか悪天候なども影響したため少々手間取った模様。7回目にしてようやく全員納得する映像が記録できたのだとか。

多くの課題を抱えていながらよくぞそれだけのテイク数で…とも思えますよね。ブラボー!

Reference:WTRF
Licensed material used with permission by Harlem Globetrotters International, Inc,
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
立命館大学×順天堂大学×東京藝術大学COI拠点の三者が共同開発したウェブアプリ「Biosignal Art(バイオシグナル・アート)」。「人間のカラダの構...
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
クラブに行ったら、ライブに行ったら、普通は音楽に合わせて踊りますよね。音楽との一体感は何より気持ちがいいし、古くからダンスと音楽はともにあり続けてきました...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
カオナシが持っているお皿にコインを載せると、コインを食べて貯金してくれる「千と千尋の神隠し カオナシむしゃむしゃ貯金箱」。だけど、このなんともいえないシュ...
オランダのロッテルダムに本拠を置く「ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団」と地元企業「シニアサービス」がコラボし、ベートーベンの第9交響曲を演奏している...
ホームパーティーや懇親会などに手軽に生演奏を呼ぶことのできる音楽サービス「Musicalu」。呼ぶ側も呼ばれる側も納得の新たな試み。
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...