楽して引き締めたい?それなら「バランスボール」がオススメ!

お家でのトレーニンググッズといえば、まず「バランスボール」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?ただ、バランスボールに乗っておけば、なんとなく身体に良さそうな気がするけど、具体的にどんな効果があるのかといわれると曖昧なもの。

この記事では、バランスボールの効果や選び方についてもご紹介していきます。これを読めば、バランスボールが欲しくなってしまうこと間違いなし。ぜひ参考にしてみてくださいね!

バランスボールとは?

バランスボール
©iStock.com/Bojan89

バランスボールとは、簡単にいってしまえばゴムでできた大きなボールのこと。ボールの持つ、「転がる、弾む、転がる」といった特性を活かして、体を鍛えたりストレッチをしたりすることができます。

安いものだと1000円くらいから購入可能です。また、ボールが転がらないようにするためのボールの下に置く台座付きの製品なども販売されているので、トレーニングの目的に合わせてお好みのものを選んでみてくださいね。また、バランスボールは大きいので、バランスボールを収納する場所がないマンション等だと、お部屋の印象を左右するアイテムにもなりうるため、デザインから選んでみるのもオススメです。

バランスボールがビギナーにオススメな理由

それは、「簡単に全身をトレーニングできるから」。

自宅で使うトレーニンググッズといえば、腹筋ローラーやダンベルなどを思い浮かべるのではないでしょうか?ただ、こうしたトレーニンググッズは動画で見ると簡単そうにみえますが、実際にトレーニング経験が少ない人がやろうとすると、思ったようにはできないことが多くあります。そうすると、何から始めたらよいのかわからなくなってしまったり、トレーニングを断念してしまったりなんてことも。

今回紹介していく「バランスボール」は、本当に初めてトレーニングをする筋力の少ない方でも、簡単に取り組めます。ボールの上に座っているだけで運動効果を得ることができ、体幹が鍛えられるので、テレビを見るときやPC作業をするときの椅子をバランスボールに替えるだけでOK。そのため、「きつくてもう無理......」なんて3日坊主になる心配もないのです。

もちろん、もう少し本格的なトレーニングにステップアップすることも可能。自身のトレーニングレベルに合わせて、幅広い使い方ができるのも嬉しいポイントです。

バランスボールを使ったトレーニングの効果

©iStock.com/nd3000

公益財団法人 長寿科学振興財団 健康長寿ネットはバランスボールを使ったトレーニングの効果について、以下のように説明しています。

バランスボールでは、使い方によって主に筋力、筋持久力、柔軟性、バランス能力を向上させることが期待できます。

それぞれの効果についてもう少し詳しく解説していきます。

筋力

バランスボールを使ったトレーニングをすることで、体幹などの身体の広い範囲に渡る細かい筋肉たちを鍛えることができます。それによって、姿勢が良くなり腰痛が緩和されたり、筋肉量が増えたことによって基礎代謝が増加したりすることが期待できるそうです。

筋持久力

楽しく簡単に取り入れることのできるバランスボールは、長い時間のトレーニングも苦になりにくいです。そのため、自然と長時間のトレーニングが可能となり、持久力の向上も期待できます。

柔軟性

のちほど紹介する動画をご視聴いただくとよく分かると思いますが、バランスボールは全身を大きく使ってトレーニングがおこなわれることが多いです。中には身体の筋を伸ばすような動きもあるので、柔軟性を鍛えることができるのです。

バランス能力

バランスボールでのトレーニングは、ボールの上という非常に不安定な場所でおこなわれます。そのため、自然と身体がバランスを取ろうとし、バランス能力が向上するのです。また、バランスを取る上で必要な細かな筋肉も鍛えることができます。

バランスボールの使い方

バランスボールはただ乗っているだけでも、効果は得られます。ただ、正しいフォームで座ることで、より効果的にトレーニングができるそう。また、座るだけ以外のトレーニングもあるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

座ってのトレーニング

© HIIT ME FIT/YouTube

こちらの動画では、バランスボールの座り方について丁寧に紹介してくれています。初めてバランスボールでトレーニングをする方は、まずはここから始めてみてはいかがでしょうか?

くびれを作るトレーニング

© もりもとさちこ美体感チャンネル/YouTube

バランスボールでは、少し方法を工夫するだけでピンポイントを意識したトレーニングもできます。こちらの動画では、くびれを重点的に鍛える方法について紹介しています。

腹筋&ヒップのトレーニング

© Pamela Reif/YouTube

こちらは、少しレベルは高くなりますが、腹筋とヒップを鍛えるトレーニングの動画。5分間のカウントを一緒にとってくれるので、トレーナーさんの動きをみながら一緒にトレーニングをすることができます。

Top image: © iStock.com/annebaek

関連する記事

脂肪燃焼効果が期待できるという有酸素運動。この記事では、有酸素運動の意味やメリット、自宅で簡単にできる有酸素運動についてご紹介していきます。
効果的に痩せることができるという「バーピージャンプ」。筋トレと有酸素運動の両方の効果があるのがその秘密だそう。
楽しく筋肉や体幹を鍛えることができるという「メディシンボール」を使ってのトレーニング。この記事では、メディシンボールの意味や種類、メリットについてご紹介し...
続けられないくらいなら、楽しい範囲でやめたっていい。回数より質を重視し、かわいいウェアやプレイリストを揃え、男女差とタイミングも考慮する。人気パーソナルト...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
食べないダイエットはゆっくり太っていく。痩せるために大事なのは、自律神経のバランスを整える食事で燃焼と休息のメリハリをつけること。ワッフルやパンケーキが大...
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
この自動販売機では、ドリンク購入前に脈拍数が計測され、その値が高ければ高いほど割引を受けられるという仕組みになっている。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...